スポンサーリンク

2016年6月8日水曜日

都議会「舛添知事の説明は不十分」集中審議を検討へ 都民は検討ではなく開催を望んでいます

都議会「舛添知事の説明は不十分」集中審議を検討へ 都民は検討ではなく開催を望んでいます

都議会定例会の2日目が終了して、舛添都知事の説明が不十分なのは明白ですが、
都議会各派は3日目の8日も一般質問を行う予定です。


8日の舛添知事の説明を聞いたうえで9日、総務委員会の理事会を開き、一問一答の形式でより詳しい説明を求めることのできる集中審議の開催についても検討することにしています。
7日の代表質問は、舛添知事に対して政策課題についての質問が全く出されない異例の事態となり、都政の停滞を招いているという批判の声が上がるなか、舛添知事の説明責任がより厳しく問われることになります。
9日に総務委員会総会を開き集中審議の開催を検討

ということで、一部の新聞で報道された総務委員会集中審議の開催はまだ決まっていない状況です。

15日の都議会閉会までに百条委員会の設置そして、不信任決議案の提案までいけるかどうか都民は厳しい目で見守っています。



NHKニュースより

都議会「舛添知事の説明は不十分」集中審議も検討

東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題について、都議会の各会派は7日の代表質問での舛添知事の説明は不十分だとして、8日も一般質問で詳細な説明を求めるとともに一問一答形式での集中審議の開催についても検討することにしています。


東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題について7日、都議会の代表質問で主要会派が公私混同だと批判を受けたさまざまな支出や、知事としての資質を問いただし、舛添知事は「反省して改める」と繰り返し述べたうえで、引き続き職務に専念したいという考えを示しました。
これに対し各会派は「調査結果を公表した際の記者会見と同じ内容だ」などと反発し、説明は不十分だとして、8日も一般質問で少数会派も含めた15人の議員が質問に立ち政治資金の支出などについて詳細な説明を求めることにしてます。
さらに8日の舛添知事の説明を聞いたうえで9日、総務委員会の理事会を開き、一問一答の形式でより詳しい説明を求めることのできる集中審議の開催についても検討することにしています。
7日の代表質問は、舛添知事に対して政策課題についての質問が全く出されない異例の事態となり、都政の停滞を招いているという批判の声が上がるなか、舛添知事の説明責任がより厳しく問われることになります。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース