スポンサーリンク

2016年6月9日木曜日

中国軍艦が接続水域初航行=安倍首相、警戒監視など指示 ロシア海軍軍艦も同時期に侵入

中国海軍の軍艦が尖閣諸島の接続水域内に入りました。
中国は尖閣諸島侵略の動きを止めようとしません。
政府の適切かつ強い対応が望まれます。

また、同時期にロシア海軍の軍艦3隻も尖閣諸島の接続水域に侵入した事が明らかになりました
防衛省によると、中国軍艦が尖閣周辺の接続水域内に入ったのは初めて。
 これを受け、安倍晋三首相は(1)不測の事態に備え、関係省庁が緊密に連携して対処する(2)米国をはじめとする関係諸国と緊密な連携を図る(3)警戒監視に全力を尽くす―の3点を指示。首相官邸の危機管理センターには情報連絡室を設置。防衛省は緊急幹部会議を開催した。
 防衛省や内閣官房によると、9日午前0時50分ごろ、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が尖閣諸島久場島北東の接続水域内に入ったのを、海上自衛隊の護衛艦「せとぎり」が確認した。せとぎりが警戒監視を続ける中、フリゲート艦は同3時10分ごろ、大正島北北西から北に向かって接続水域を離れた。領海侵入はなかった。
ジャンカイⅠ級フリゲート艦
http://blog.goo.ne.jp/zendagisexorogy/e/e4da221eb84cd603b6bd3fbc6d148759 より




Yahooニュースより

中国軍艦が接続水域初航行=安倍首相、警戒監視など指示

時事通信 6月9日(木)2時16分配信
政府は9日未明、中国海軍艦艇が沖縄県尖閣諸島周辺の接続水域内に入ったと発表した。



 防衛省によると、中国軍艦が尖閣周辺の接続水域内に入ったのは初めて。

 これを受け、安倍晋三首相は(1)不測の事態に備え、関係省庁が緊密に連携して対処する(2)米国をはじめとする関係諸国と緊密な連携を図る(3)警戒監視に全力を尽くす―の3点を指示。首相官邸の危機管理センターには情報連絡室を設置。防衛省は緊急幹部会議を開催した。

 防衛省や内閣官房によると、9日午前0時50分ごろ、中国海軍のジャンカイI級フリゲート艦1隻が尖閣諸島久場島北東の接続水域内に入ったのを、海上自衛隊の護衛艦「せとぎり」が確認した。せとぎりが警戒監視を続ける中、フリゲート艦は同3時10分ごろ、大正島北北西から北に向かって接続水域を離れた。領海侵入はなかった。

 尖閣諸島周辺では、昨年11月に中国軍艦1隻が接続水域の近くで反復して航行する特異な動きが確認されている。 




産経ニュースより
http://www.sankei.com/politics/news/160609/plt1606090007-n1.html

ロシア軍艦艇も尖閣諸島沖の接続水域を航行 中国海軍の動きとの関連を調査

防衛省は9日未明、尖閣諸島(沖縄県石垣市)久場島と大正島の間の接続水域をロシア軍の艦艇3隻が航行したことを明らかにした。両島沖の領海のすぐ外側にある接続水域では、中国海軍の艦艇が午前0時50分ごろから午前3時10分ごろまでの約2時間20分にわたって航行したことを確認している。
 防衛省は、両国の艦艇の動きが同じ時間帯の動きだったことから、関連や意図などを調べている。また、再び接続水域に近づくことがないか引き続き警戒と監視を続ける。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース