スポンサーリンク

2016年6月8日水曜日

【政治】舛添都知事 一般質問で「強くみずからを戒め問題に対応」だが辞任するつもりは一切なし

【政治】舛添都知事 一般質問で「強くみずからを戒め問題に対応」だが辞任するつもりは一切なし 

都議会3日目の一般質問でも舛添都知事への追求質問が行われていますが、
舛添都知事の誠意のない答弁が続いています。
 舛添知事は「強くみずからを戒め、問題に対応していくことが、道義的責任を果たす第一歩だと思う」と述べ、都議会で説明責任を果たし、引き続き職務に専念したいという考えを改めて強調しました。
2日目に続いて舛添都知事は辞任する気はまったくありません。



スレッドURL: http://ai.2ch.sc

舛添知事 一般質問で「強くみずからを戒め問題に対応」 

1: 筑前鐵太郎 ★ 2016/06/08(水) 14:30:41.40 ID:CAP_USER9
東京都の舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題で、都議会では7日の代表質問に続いて、8日も一般質問が行われていて、舛添知事は「強くみずからを戒め、問題に対応していくことが、道義的責任を果たす第一歩だと思う」と述べ、都議会で説明責任を果たし、引き続き職務に専念したいという考えを改めて強調しました。

都議会では、7日の主要会派による代表質問に続き、8日午後1時から少数会派も含めた15人の議員による一般質問が始まり、舛添知事の政治資金などを巡る一連の問題について質疑が行われています。

この中で、自民党の来代勝彦議員が「せこい言い訳ばかりで、人間性にも疑問を持たれる結果となった」と述べて、一連の問題の道義的責任について問いただしたのに対して、舛添知事は「ことばを尽くし、説明責任を果たせていない現状を真摯(しんし)に反省している。強くみずからを戒め、問題に対応していくことが、道義的責任を果たす第一歩だと思う」と述べました。

続いて自民党の田中豪議員が「地元を回れば、知事の不支持率は100%だ。都民が激怒している状況を、弁護士の声ではなく、都民の厳しい声にこそ謙虚に耳を傾けるべきだ」と指摘したのに対し、舛添知事は「都政について真摯な議論を行うべき都議会で、私の問題に多くの時間を割く事態を招いたことをおわびしたい」と述べたうえで、「プライドが高いとか過ちを認めないなどと批判を受けたこと自体、誠に恥ずかしく、都民と誠実に向き合えなかったことを猛省し、初心に返り、謙虚に努力したい」と述べました。

一般質問は8日午後7時すぎまで行われる予定です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160608/k10010549821000.html?utm_int=news_contents_news-main_001



8: 名無しさん@1周年 2016/06/08(水) 14:32:12.28 ID:HmUcx2380
早く辞任してくださいよ

15: 名無しさん@1周年 2016/06/08(水) 14:33:28.16 ID:ebZMZdYL0
出版会社社長?って誰・・と会ってのかな・・

17: 名無しさん@1周年 2016/06/08(水) 14:34:03.27 ID:ouAtI4b10
簡単に辞めるような玉じゃないよ

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース