スポンサーリンク

2016年6月5日日曜日

日米地位協定 運用見直しへ 日米防衛相シャングリラ会合で会談を行い合意

日米地位協定 運用見直しへ 日米防衛相シャングリラ会合で会談を行い合意

中谷防衛大臣とアメリカのカーター国防長官はシンガポールで開催されているアジア安保会議(シャングリラ会合)で会談を行いました。

http://mainichi.jp/articles/20160605/k00/00m/010/020000c より
アジア安保会議(シャングリラ会合)がシンガポールで開催中=南シナ海問題焦点


中谷大臣は、沖縄のアメリカ軍嘉手納基地で働く軍属の男が、女性の遺体を遺棄したとして逮捕された事件について、「今回の遺憾な事件の再発防止策については、日米のさまざまなレベルで協議している」と述べました。そのうえで、日本に駐留するアメリカ軍関係者の地位や犯罪の取り扱いなどを定めた日米地位協定について、「本日、軍属を含む協定上の地位を有するアメリカ人について、扱いの見直しなどについて協議することで合意したい」と述べました。
日米地位協定を運用面で見直す協議を開始するそうです。

これは早急に行ってほしいですね。


NHKニュースでは「軍属を含む協定上の地位を有するアメリカ人について」と報道sれていますが、
ANNニュースでは「軍属」と報道されています。
だいぶ含まれる範囲が異なりますが、どちらが正しいのでしょうか?


日米防衛大臣 地位協定「軍属」の扱い見直しで合意



日米防衛相 地位協定の対象者を見直す協議開始で一致

アジア安全保障会議に出席するため、シンガポールを訪れている中谷防衛大臣は、アメリカのカーター国防長官と会談しました。沖縄県でアメリカ軍関係者が逮捕された事件を受けて、両国は、日本に駐留するアメリカ軍関係者の地位や犯罪の取り扱いなどを定めた日米地位協定について、対象者の範囲を見直す方向で協議を始めることで一致しました。
中谷防衛大臣とカーター国防長官との日米防衛相会談は、日本時間の4日午後6時すぎから始まり、午後7時前に終わりました。



この中で、中谷大臣は、沖縄のアメリカ軍嘉手納基地で働く軍属の男が、女性の遺体を遺棄したとして逮捕された事件について、「今回の遺憾な事件の再発防止策については、日米のさまざまなレベルで協議している」と述べました。そのうえで、日本に駐留するアメリカ軍関係者の地位や犯罪の取り扱いなどを定めた日米地位協定について、「本日、軍属を含む協定上の地位を有するアメリカ人について、扱いの見直しなどについて協議することで合意したい」と述べました。
これに対し、カーター長官は、「事件について、ご家族に対し、アメリカを代表して謝罪する」と述べたうえで、日本側の提案について、「ともに取り組んでいくことを同意する」と述べ、両国は、日米地位協定の対象者の範囲を見直す方向で協議を始めることで一致しました。
日米地位協定では、日本に駐留するアメリカ軍兵士や軍属が公務中に犯罪を犯した場合、最初に裁く権利がアメリカ側にあることなどが定められており、沖縄県からは、抜本的な改定を求める声が上がっています。




中谷防衛相 日米地位協定の改定に言及せず

中谷防衛大臣は会談のあと記者団に対し、「事件の被疑者が軍属であったということについて、さまざまな意見があることを踏まえて見直しを行っていくことを日米間で確認した。一例として言えば、地位協定のもとでの契約者と軍属との関係の整理などがありうると思う」と述べました。また中谷大臣は、記者団から見直しを行うことに伴い日米地位協定を改定する可能性について問われたのに対し、「このような事件が2度と起こらないようにすることが問題で、アメリカ側と作業を加速して取り組んでいきたい」と述べるにとどまりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース