スポンサーリンク

2016年6月5日日曜日

《動画》レッド・ブルエアレース2016千葉 世界選手権 室屋が日本人初優勝!!おめでとう!!

レッド・ブルエアレース2016千葉 世界選手権 室屋が日本人初優勝!!おめでとう!!

Red Bull Air Race World Championship 第3戦千葉は、日本人パイロット室屋義秀選手が地元ファンの前で悲願のキャリア初優勝を果たしました。


Red Bull Air Race World Championship第3戦千葉は、日本人パイロットの室屋義秀が5万人の自国ファンの目の前でキャリア初優勝を記録。本人にとっては感動的なキャリアハイライトになった。室屋の1:04.992という素晴らしいタイムは、プレッシャーの中でも高精度なフライトができる彼の並外れた実力とファンのサポートの重要性を改めて証明することになった。 Redbull AirRace公式Webサイトより 

レッドブル・エアレース千葉2016で初優勝を飾った
室屋義秀選手の会心のファイナル4フライト



レッドブル・エアレース千葉2016で室屋義秀選手の
初優勝決定の瞬間の会場はこんな感じ













NHKニュースより

エアレース世界選手権 室屋が日本人初優勝

世界トップレベルの技術を誇るパイロットたちによる小型機のレース、「エアレース」の世界選手権が千葉市で行われ、福島市に拠点を置く室屋義秀選手が日本人として初めての優勝を果たしました。
エアレースの世界選手権は、最高で時速370キロに達するレース用の小型機で、障害物の間を通過しながらタイムを競うレースで、今シーズンは、アメリカやイギリスなど世界7か国で8回開催されます。
千葉市美浜区を会場に行われた今シーズンの第3戦は、幕張海浜公園近くの海の上にコースが設けられ、5日の決勝には、福島市に拠点を置きアジアから唯一の出場となる室屋選手を含む14人のパイロットが出場しました。
室屋選手は、「ラウンド14」と呼ばれる対戦形式の最初のレースでは相手が失格となって勝ち進み、「ラウンド8」と呼ばれる対戦形式の2回目のレースでは1分4秒610と、5日の全レースで2番目となる好タイムを記録しました。
そして、「ラウンド4」と呼ばれるタイムによって表彰台の行方を決める最後のレースで、1分4秒992と再び1分4秒台を記録し、日本人として初めてとなる優勝を果たしました。


集中できたことが結果につながった

千葉市で開かれたエアレースの世界選手権で、日本人として初優勝を果たした室屋義秀選手がレースのあとの記者会見で喜びを語りました。
室屋選手は「きょうは母国でのレースで、プレッシャーも大きいなか、努力を100%したならば結果は神様に預けようという気持ちでした。チームとして実力を出そうと集中できたことが、結果につながったと思います」と述べました。
また、「『操縦技術世界一』を目指してずっとやってきましたが、届きそうで届かない難しい世界でした。25年かけてやっと取れ、ちょっと一息つくかなというところです」と述べ、感極まった様子で目頭を押さえていました。
そのうえで室屋選手は、このあとのレースについて、「今シーズンは、年間通しての総合成績で表彰台に入るという目標をチームとして掲げている。残り5戦とまだ長いので、トレーニングを確実に積んでいきたい」と話していました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース