スポンサーリンク

2016年4月1日金曜日

優秀なエンジニアを育成していきたい。アプリ開発サークル「A+plus」

早稲田大学のアプリ開発サークル「A+plus」が早稲田大学生にとっても便利なアプリを開発したそうです。

早稲田大学の学生はすごいですね。

管理人も応援しています!!



サークル名:A+plus

メンバー:左から、代表の高橋君(3年)、長幡君(3年)、上継君(1年)


A+plusは、高橋君(写真左端)が2年生の時に当時4年の先輩と立ち上げた早稲田大学所沢キャンパス初のアプリ開発サークルです。履修登録のお手伝いとして、授業内容が共有出来るサービスです!
A+plusについて知りたい方は、
をクリック!

ハシゴでは、より多くの色んな学生に出会うためにジャンル問わず活躍している学生さんにインタビューを行う企画を行っています。

今回はそんな学生インタビューの記念すべき第一弾となります!
優秀なエンジニアの活動があまり表立って見られなかった早稲田大の人間科学部。どのような思いでサークル化するまでに至ったのか?

身に付けたスキルのアウトプットのため


−A+plus立ち上げまでの経緯は?

キッカケは大学2年生の時、エンジニア向けインターンシップで身に付けたプログラミングのスキルをしっかりとアウトプットとして出していきたいと思ったことです。
そんな時、大学の授業情報が未だに紙媒体のみで拡散されていたのを目の当たりにし、電子化したら便利なんじゃないか?そう考えたんです。

−サークルを作るにあたってはどのようなことを考えていましたか?

僕たちがいる早稲田の人間科学部では本キャンパス(早稲田キャンパス)と比べるとプログラミング系の学びの場は少なく、わざわざ本キャンパスまで授業などを受けに行く人もいます。なので、所沢キャンパスでも1年生の内から積極的にアプリなどを作れる人が出てきてくれればと思いサークルを作りました。
たとえプログラミングに興味を持ったとしても一人では始めにくい、でもそういったサークルがあれば臆せずプログラミングを学べるだろうと考えたからです。なので、やるからにはちゃんと一人一人が責任を持って活動に取り組めるようにしていくことも大切だと考えており、そうすることで社会的な責任能力も身に付いていくと思っています。

−なるほど。人材育成にも力を入れていく印象が強いですね。では、サービスの展開等と合わせて今後の活動はどうしていきたいと考えていますか?

まずは早稲田をハックしていきたいですね。他のキャンパスでもいずれはサービスが使えるように展開していきたいと考えています。
また、人材育成に関しては、プログラミング初心者でも全然構わないので一歩踏み込んでくれる人にきてほしいです。そういった人達を中心にまた新しいジャンルでのアプリを作っていけるように育成していきたい考えています。
後は、まだ出来て間もないサークルでもあるので、自らアプリを企画開発してメンバーを引っ張っていける人にも来てほしいですね。

−言語などは何を使っていますか?

中身はPHPで、フレームワークはLaravelを使っていますね。

−Laravelとは初めて聞いたのですが、あまり使われていないものでしょうか?

Laravelは日本だとあまり使われていないので、エンジニアの方にも時々、「おー、これ使ってるんだ」って驚かれることはありますね(笑


−これからの進路はどう考えていますか?

・上継竜生君  Ryuki Uetsugu「僕は父がシンガポールで起業していて、興味はあります。またITにももちろん興味があるので、色々と学んでいきたいです。」
・長幡君「ユーザをライフハックできるようなサービス、使ってくれる人たちのためになれるようなサービスを作っていきたいですね。」
・高橋君「僕は負けず嫌いな性格でもあるので、もっと勉強して大学院に進んでアプリの開発等をしたいと思っています。」

−最後に、同世代の学生に対して何か一言お願いします!

・上継君「僕は始めは理系が苦手でした。でも国を越えて繋がることが出来るITなどの技術はとても面白くすごく興味を持つようになりました。なので、何かやろうとしているけど何からやれば良いか分からないという人には、まずITという分野には触れてほしいと思います。」
・長幡君「何かをやろうとして迷っているならば迷わず踏み込んでいってほしいなと僕は思います。確かにリスク等を考えると失敗を恐れてしまうこともあると思いますが、その失敗こそが学びだと僕は考えています。なので失敗を恐れず積極的に行動していってほしいです。」
・高橋君「不安というものは分からないからあるものだと思います。でも分からないからと言って何もしないのはすごく勿体無いこと。学生でいられるのも今しかないので積極的に行動してほしいと思う。失敗を恐れずに、1回やってダメならば一旦引いてもう一歩と少しずつ前に進んで行けば良いと思いますし、そうやって行動していけることが自分は楽しいことだと思えますね。」

皆さん、それぞれ自分の考えを持っていてとても良いと思いました。これからも活動の幅は広がっていくと思いますし、その分忙しさも増すと思います。ですが、そんな困難も彼らなら楽しんで乗り越えていけるような気がしました。まだまだこれから大きくなっていくサークルだと思うので、興味がある方は是非訪ねてみてはいかがでしょうか?

A+plusに関して、
をクリック!
各SNSは、
をクリック!

この情報は
HASIGO  https://hasigo.co.jp/blog/application-cyberagent/ さんよりの引用です

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース