スポンサーリンク

2016年3月28日月曜日

お笑い韓国軍 新型迷彩服導入!! 実は迷彩型サウナスーツでした だけだと思ったらブーツも靴も問題発生








韓国陸軍が兵士用の新型迷彩服、ブーツ、帽子を導入です

これで兵士の快適性が向上して兵士のモチベーションも向上だ!!

とはいかなかったようです。





サウナ軍服
旧型戦闘服と新型戦闘服の比較

新型戦闘服を導入した後に問題が発覚


問題とは?

新型戦闘服は通気性を高めて発汗性を良くした代わりに、オールシーズン用として夏用・冬用の区別をなくしましました
↓その結果
夏は暑すぎ、冬は寒いという逆進化をとげて相性が「サウナ軍服」に決定したそうです

優秀な点は1着3600円と政府の軍事費に優しいところです(笑











韓国軍ブーツ
韓国軍採用の新型軍用ブーツは予算不足で訓練兵士への供給が十分ではないそうです

供給されたものも
◯使っているとかかとや靴の裏が剥がれる斬新な機能
◯水漏れがして浸透性抜群のため水虫培養機能付加
と2つの重要な機能がついていましたが、兵士の証言で最も重要な機能が判明

◯アメリカ軍兵士と並んでも自信が持てるシークレットブーツ機能






韓国・北朝鮮関連の軍用品販売 Ecilopさん
http://www.ecilop.jp/military/korea.htm

製造業者が使用素材を捏造した結果、汗の吸収性が基準に達しない














軍服、ブーツ、帽子と兵士が身につける全てにおいて不具合がありました。

採用前にチェックをしなかったのでしょうか?(苦笑

まあ、サンプルと実際の製品が違うのは韓国の文化ですので、
しょうがないんでしょうが、
より利益をあげるために製造業者が原価を安くして差額を作り
それが軍へのバックマージンになったか業者の利益になったかのどちらかでしょうね。


平常運転の韓国軍でした





参考
http://annex2ahouse.blogspot.jp/2013/01/blog-post_4353.html#soubi

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース