スポンサーリンク

2016年3月31日木曜日

忘れないように記事保存 地球1周半のガソリン代が問題となった大分県議 まさかその後に地球5周議員が出るとは思いませんでした

民進党山尾議員の



が話題になっていますが、3月中旬には地球1周半のガソリン代で
第2の野々村と大分県議が話題になっていました。

さて、地球5周分の山尾議員の今後に注目です




以下 Present The France Trip さんより転載

http://francepresent.com/post-6156/

【大分】毛利議員が地球1周半分のガソリン代を請求【野々村】 

   

もう予算計上ってなんでもいいんだ・・・・という気になる
00189
大分県議の毛利正徳氏(自民)が2014年度政務活動費の調査旅費として、車で約6万6000キロを走行したと報告
燃料代約245万円を計上していたことが14日、おおいた市民オンブズマンの調査で分かった。
 地球を1周半以上した計算で、オンブズマンは「実態に基づかない申請の疑いがある」として、調査旅費の返還を求めて住民監査請求する方針。
 毛利氏はこれまでの取材に「視察で利用した。釈明することはない」と話していた。
 県議会がオンブズマンに開示した政務活動費の支払証明書によると、毛利氏は10年度に約3万3000キロ分の旅費を計上。その後、毎年度、距離が伸び、13年度は5万キロ余りを申請していた。
 大分県議会の政務活動費は1人当たり月30万円。会派ごとに交付し、残れば返還する。車の燃料代は1キロ37円で計算し、領収書を添付する必要はない
 オンブズマンの永井敬三理事長は「領収書の添付不要など制度の抜け穴を悪用している」と指摘。毛利氏を含め、領収書のない燃料代を受け取っていた県議に返還を求めるとしている。
・・・記事読んでみるとチキンレースのような話です。
そもそも10年度に3万3000キロの旅費とありますがこれもかなり大胆。
これで許されちゃったから毎年毎年伸び続けて要約地球一周分になったところで発覚
こういう計上ってゆる過ぎないでしょうか・・・
どんな小さなものにも領収書を取っておいて計上するべきです
ほぼ同時にこの舛添さんの出張費の内訳も不透明ですし
政治家の問題は尽きそうにありません


0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース