スポンサーリンク

2016年4月25日月曜日

フィリピン大統領候補に大問題!オーストラリアテレビ番組「彼が当選したらフィリピンに行くな」、フィリピン大統領候補ドゥテルテ氏の発言が炎上

フィリピンニュースまとめより

オーストラリアでフィリピンに対する悪い感情が高まっています。

これはフィリピン大統領候補のデュテルテ氏がオーストラリア仁女性がレイプされ、殺害された事件について不謹慎な発言をした事を原因にしています。

デュテルテ氏は、同国南部ダバオ(Davao)の市長だった1989年に同市で起きた刑務所暴動でオーストラリア人修道女がレイプされ殺害された事件について、自分が最初にレイプしたかったと発言し、物議を醸している。  http://www.afpbb.com/articles/-/3084839より
この発言にアメリカ大使とオーストラリア大使が苦言を呈すると、
『黙れ、国交断絶の用意がある』と発言、さらに炎上しました。




オーストラリアのテレビ局ではデュテルテ氏が大統領になったらフィリピンにいくべきではないと報道しています。


フィリピン人は人前で苦言を呈される(それがアドバイスであっても)と侮辱されたと感じて激昂する人が多いです。それが原因で殺人事件が起きるほどです。
デュテルテ氏のも激昂しやすいのでしょうか?

しかし、無責任な発言は国際社会で通用しません。
現在のアキノ大統領が作った腐敗のない(少ない)政府と経済発展はアメリカ、オーストラリアから経済制裁を受けたら瞬時に吹き飛んでしまいます。
時期フィリピン大統領には思慮深い人になってほしいものです。




フィリピンのニュースあれこれ より
http://philippinearekore.blog.fc2.com/blog-entry-724.html

【外交問題】豪テレビ番組「彼が当選したらフィリピンに行くな」、大統領候補ドゥテルテ氏の発言が炎上

過激発言で有名な大統領候補のドゥテルテ氏の発言が、

海を超えたオーストラリアで批判を集めています。




問題の発言は支持者集会で行われたもので、

1989年にダバオ市の刑務所で、

慰問で訪れていた宣教師のオーストラリア人女性が、

収監者に襲われた事件に触れ、

「彼女は女優のように美しかった」

「私は彼女が襲われて激怒した」

「収監者ではなく俺が最初の相手になるべきだったからだ」

などと冗談を言っていたことが分かり、


悲劇で笑いをとるのは不謹慎だとして、

女性保護団体や人権団体に加え、

オーストラリア大使や米国大使からも批判の声が上がっていました。

2人の大使の批判に対しドゥテルテ氏は、

「お前らはフィリピン人ではない。黙れ」と述べ、

大統領になった暁にはオーストラリアと、

米国の断交もありえると指摘しました。

この発言は国際的に報じられることとなり、

オーストラリアのテレビ番組でもこの発言が取り上げられ、

怒った司会者の男性が、

「もし彼が大統領に当選したら、

航空チケットを破り捨ててフィリピンには行くな」

と視聴者に呼びかけました。

司会者の男性はフェイスブックで、

ドゥテルテ氏を「下劣な男」と強く批判しています。

ほかにもこの不謹慎発言は、

海外労働者の待遇にも飛び火しています。

オーストラリアで働くフィリピン人が、

雇用主がドゥテルテ氏の発言に激怒し、

そこで働く同僚が契約の延長を切られたと主張しています。

それによると一部のフィリピン人従業員が、

熱狂的なドゥテルテ支持者で、

宿舎にポスターを貼ったりTシャツを着用したりしており、

さらにドゥテルテ氏を支持しない同僚を批判していたそうです。

敬虔なクリスチャンであるオーストラリ人の雇用主が、

今回のドゥテルテ氏の発言を知り、

フィリピン人従業員50人が契約の更新を切られたそうです。

ドゥテルテ氏の支持者は10人ほどで、

ほかの従業員は飛んだばっちりを受ける結果となり、

月給8万ペソの仕事を失う結果となりました。

ドゥテルテ氏は最新の世論調査で、

支持率トップとなっており当選の可能性が高まっています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース