スポンサーリンク

2016年12月29日木曜日

慰安婦像設置問題 プサン 日本総領事館前の少女像を警察などが撤去

慰安婦像設置問題 プサン 日本総領事館前の少女像を警察などが撤去

韓国 釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置された問題で、韓国警察が設置された慰安婦像を撤去しました。

珍しい事もあるものですね。


NHKニュースより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161228/k10010823151000.html?utm_int=all_side_ranking-access_002

韓国 プサン 日本総領事館前の少女像を警察などが撤去


慰安婦問題をめぐる日韓両政府の合意からちょうど1年となる28日、韓国南部のプサンにある日本総領事館の前に地元の学生などがこの問題を象徴する少女像を設置しようとしましたが、地元の自治体や警察は、設置は許可できないとしておよそ4時間後に撤去しました。
韓国プサンにある日本総領事館の前では、28日午後1時ごろ、地元の学生などが、慰安婦問題を象徴する少女像を運び込み、警察官の制止を振り切って歩道に置きました。

学生側は以前から総領事館前に少女像を設置する募金活動を続けていましたが、地元の自治体は「公道に像を設置することは許可できない」という立場を示してきたことから、学生側が28日、予告なしに像を運び込んだものです。



総領事館の前では、自治体の担当者や警察官が像をほかの場所に運ぶよう学生側を説得しましたが、学生側はこれに反発して像の周りに座り込み、双方のにらみ合いとなりました。そして警察官などが学生側を強制的に移動させたうえで、およそ4時間後に像をトラックに乗せ、覆いをかぶせて撤去しました。

1年前の慰安婦問題の合意をめぐっては、日本政府が求めているソウルの日本大使館前にある少女像の撤去はめどが立っていませんが、プサンの総領事館前については、地元の自治体が当初から設置を許可せず、速やかに撤去されるかたちとなりました。

撤去に抗議集会も

プサンにある日本総領事館の近くの公園では、慰安婦問題を象徴する少女像が総領事館前から撤去されたことに抗議する集会が28日夜、開かれました。集会にはおよそ400人が参加し、「奪われた少女像を取り戻そう」とか、「パク・クネ(朴槿恵)政権による日韓両政府の慰安婦合意を破棄しろ」などと声を上げていました。

警察が少女像を撤去したときに現場にいたという大学生の男性は「最後の1人は少女像に抱きつきながら守ろうとしていました。持って行かれた少女像を取り返して設置するべきです」と話していました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース