スポンサーリンク

2016年11月24日木曜日

アメリカ 日韓機密情報協定GSOMIA締結を歓迎 北朝鮮対応で協力強化へ

アメリカ 日韓機密情報協定GSOMIA締結を歓迎 北朝鮮対応で協力強化へ

日本と韓国の両政府は安全保証時の機密情報を共有する協定を締結しました。
この協定により北朝鮮の挑発行為の情報共有が可能となります。

アメリカ政府はこの協定締結の歓迎を発表しました。



NHKニュースより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161124/k10010782231000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

米 日韓機密情報協定を歓迎 北朝鮮対応で協力強化へ

アメリカのホワイトハウスは、日本と韓国の両政府が安全保障上の機密情報を共有するための協定を締結したことを歓迎し、北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射の脅威に対応するため、日米韓3か国の協力を強化していく方針を示しました。
日本と韓国の両政府は23日、ソウルで安全保障上の機密情報を共有するための協定=GSOMIAを正式に締結しました。



これを受けてアメリカのホワイトハウス国家安全保障会議のプライス報道官は、23日に声明を発表し、締結を歓迎するとともに、北朝鮮による核実験や弾道ミサイル発射の脅威に対応するため、日米韓3か国の協力を強化していく方針を示しました。

また、「アメリカは、アジア太平洋地域の同盟国と緊密に連携して、朝鮮半島の非核化に向けた努力を追求し続ける」として、国連安全保障理事会で北朝鮮に対する追加制裁を盛り込んだ、新たな決議の採択を目指す考えを強調しました。

日本と韓国は、協定の締結によって、北朝鮮による核実験や弾道ミサイルの発射に関する情報を直接やり取りできるため、情報共有のスピードが上がり、北朝鮮に対し、より迅速で的確な対応が取れるようになると見られています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース