スポンサーリンク

2016年11月16日水曜日

シンガポール 「フィンテック」に注力 仮想通貨技術で銀行間送金や決済の実験へ

シンガポール 「フィンテック」に注力 仮想通貨技術で銀行間送金や決済の実験へ

シンガポールが仮想通貨技術を使った銀行間送金や決済の実験を行うことをなったそうです。

最新のITを使った金融サービス「フィンテック」への関心が高まる中、シンガポールの中央銀行は、日本やアメリカなどの金融機関と協力して、仮想通貨の取り引きに使われる技術を応用した銀行間の国際送金や決済に関する実証実験を、行うことになりました。
これはシンガポールで開かれている「フィンテック」に関するシンポジウムで、シンガポールの中央銀行にあたる金融監督庁が発表したものです。
実証実験は、仮想通貨の取り引きに使われる「ブロックチェーン」と呼ばれる技術を応用して銀行間の国際送金や決済を行うもので、実現すれば取り引きに必要なコストや時間を大幅に削減できるということです。



NHKニュースより

シンガポール 仮想通貨技術で銀行間送金や決済の実験へ

最新のITを使った金融サービス「フィンテック」への関心が高まる中、シンガポールの中央銀行は、日本やアメリカなどの金融機関と協力して、仮想通貨の取り引きに使われる技術を応用した銀行間の国際送金や決済に関する実証実験を、行うことになりました。
これはシンガポールで開かれている「フィンテック」に関するシンポジウムで、シンガポールの中央銀行にあたる金融監督庁が発表したものです。



実証実験は、仮想通貨の取り引きに使われる「ブロックチェーン」と呼ばれる技術を応用して銀行間の国際送金や決済を行うもので、実現すれば取り引きに必要なコストや時間を大幅に削減できるということです。

実験には、日本やアメリカなどの大手金融機関9社が参加し、金融監督庁が発行する実験用の仮想通貨を使って、銀行間の取り引きを行うことにしています。

実験に参加する「三菱東京UFJ銀行」アジアシステム室の相原寛史さんは「シンガポールでは当局がフィンテックの推進に積極的なうえ、情報交換に集まる起業家の数も多い。世の中により貢献できるサービスを提供していきたい」と話していました。

金融都市のシンガポールでは、技術革新を進めようと大手金融機関が相次いで開発拠点を設けているほか、起業家の誘致も進んでいて、「フィンテック」への投資が活発になっています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース