スポンサーリンク

2016年11月25日金曜日

韓国大統領を弾劾か? 現実味帯びるパク大統領の“職務停止”

韓国大統領を弾劾か? 現実味帯びるパク大統領の“職務停止”

韓国のパク・クネ大統領の弾劾による職務停止が現実的になってきました。

すでに死に体、レームダック化しているパク政権ですので、そうなっても日本には影響はあまりなさそうですが、弾劾が実際に行われるのかどうか注目ですね。



NHKニュースより

韓国 現実味帯びるパク大統領の“職務停止”

韓国の野党3党は、24日夜、パク・クネ(朴槿恵)大統領の弾劾を求める議案を来月9日までに国会で発議して採決にかけることで合意し、賛成に回る与党の一部の議員を含めると、可決に必要な国会議員の3分の2に達する見通しだとも伝えられていることから、パク大統領が職務停止に追い込まれる事態が現実味を帯びてきています。
韓国のパク・クネ大統領の長年の知人、チェ・スンシル(崔順実)被告らをめぐる一連の事件で、野党3党は、24日夜、パク大統領の弾劾を求める議案について、国会の会期末にあたる来月9日までに発議して採決にかけるとともに、与党「セヌリ党」でパク大統領と距離を置く非主流派の議員に対し、議案に賛成するよう働きかけを強めることなどで合意しました。



大統領の弾劾を求める議案が可決されるには、国会議員の3分の2にあたる200人以上の賛成が必要で、そのためには与党議員のうち28人以上が賛成しなければなりません。これについて韓国メディアは、与党内の非主流派から、現時点で30人ほどが賛成に回る見通しだとも伝えていることから、パク大統領が職務停止に追い込まれる事態が現実味を帯びてきています。

一方、政府から独立した立場で大統領に対する捜査を行う「特別検察官」を任命するための法律が成立したことを受けて、パク大統領は24日、最大野党の「共に民主党」と第2野党の「国民の党」に対し、候補者を推薦するよう依頼しました。野党側は、今月29日までに2人の候補者を推薦し、そのうちの1人を、パク大統領が3日以内に任命することになっていて、来月上旬にも特別検察官による捜査が始まると見られています。

パク大統領がチェ被告との関係を初めて認めて国民に謝罪してから、25日で1か月となりますが、任期を1年3か月残して大統領の退陣を求める圧力は一段と高まっています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース