スポンサーリンク

2016年11月18日金曜日

安倍首相 トランプ氏と「信頼関係築けると確信持てた」 外国首脳として初会談

安倍首相 トランプ氏と「信頼関係築けると確信持てた」 外国首脳として初会談

 日本の安倍首相とアメリカのトランプ次期大統領がニューヨークのトランプタワーで階段を行いました。

トランプ次期大統領当選後、外国の首脳として初めての会談です。

トランプ次期大統領は、安倍総理大臣との会談のあと、みずからのフェイスブックに笑顔で、安倍総理大臣と並んで写っている写真を投稿しました。そしてトランプ氏は、「安倍総理大臣が私の自宅を訪れ、これから偉大な友情が始まることを嬉しく思う」とコメントしています。


NHKニュースより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161118/k10010773651000.html?utm_int=all_side_ranking-social_003

首相 トランプ氏と「信頼関係築けると確信持てた」


アメリカを訪れている安倍総理大臣は、18日朝、ニューヨーク市内でトランプ次期大統領と会談しました。安倍総理大臣は、このあと、記者団に対し、「トランプ次期大統領は信頼できる指導者であると確信した」と述べたうえで、双方の都合のよい時に改めて会談することで一致したことを明らかにしました。
安倍総理大臣は、日本時間の18日午前0時前、政府専用機で最初の訪問地・ニューヨークに到着し、午前7時前から、ニューヨーク市内のトランプ氏の住居が入る「トランプタワー」で、トランプ次期大統領との初めての会談に臨みました。会談は、通訳だけを同席させる非公式な形式で、およそ1時間半にわたって行われました。



会談のあと、安倍総理大臣は記者団に対し、「2人で本当にゆっくりと、じっくりと、胸襟を開いて率直な話ができた。大変温かい雰囲気の中で会談を行うことができた。ともに信頼関係を築いていくことができると確信の持てる会談だった。私はトランプ次期大統領は信頼できる指導者であると確信した」と述べました。

また、安倍総理大臣は、日米同盟を基軸とする日本の外交安全保障政策など、基本的な考え方を説明したとしたうえで、「さまざまな課題について話をしたが、まだトランプ次期大統領は正式に大統領に就任していない。そして、今回は非公式の会談であることから、中身をお話するのは差し控えさせていただきたい」と述べました。

そして、安倍総理大臣は、「2人の都合のいい時に、再び会って、さらにより広い範囲について、より深くお話をしようということで一致した」と述べ、双方の都合のよい時に改めて会談することで一致したことを明らかにしました。

日本の総理大臣が、アメリカ大統領選挙で勝利した候補者と就任式の前に会談するのは極めて異例です。
安倍総理大臣としては、日本の安全保障環境が厳しさを増す中で、トランプ氏と速やかに会談することで、個人的な信頼関係を構築する足がかりを築き、強固な2国間関係の堅持につなげる狙いがありました。ただ、トランプ氏が今後、どのような具体的な政策を打ち出していくのかは依然として見通せず、安倍総理大臣は、引き続きアメリカ議会を含むさまざまなルートを通じて、トランプ新政権との関係作りを進めていくものと見られます。


外務省幹部「成功に終わった」

会談を受けて、外務省幹部は「今回の会談の大きな目的は、トランプ次期大統領に会って信頼関係を築くということだったので、信頼関係を築くことができ、成功に終わった。今回の会談で、安倍総理大臣の考えは伝えたので、個別の具体的政策については、引き続き両国で協議していくことになる」と話しています。

トランプ氏 首相との写真を投稿

トランプ次期大統領は、安倍総理大臣との会談のあと、みずからのフェイスブックに笑顔で、安倍総理大臣と並んで写っている写真を投稿しました。そしてトランプ氏は、「安倍総理大臣が私の自宅を訪れ、これから偉大な友情が始まることを嬉しく思う」とコメントしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース