スポンサーリンク

2016年11月15日火曜日

インド・パキスタン間で銃撃戦 パキスタン兵7人死亡カシミール地方 緊張高まる

インド・パキスタン間で銃撃戦 パキスタン兵7人死亡カシミール地方 緊張高まる

インドとパキスタンがカシミール地方で衝突しました。この衝突による銃撃戦でパキスタンの兵士7人が死亡しました。

インドとパキスタン間の緊張が高まっています。


NHKニュースより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161114/k10010768901000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_012

印パ間で銃撃戦 パキスタン兵7人死亡 緊張高まる

インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方で両国の部隊の間で銃撃戦が起きてパキスタンの兵士7人が死亡し、対立を解消する糸口が見えない中、軍事的な緊張が高まっています。
パキスタン軍は14日声明を発表し、インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方で、13日夜、境界線を挟んでにらみあっている両国の部隊の間で銃撃戦が起きたことを明らかにしました。



銃撃戦でパキスタン兵7人が死亡したということで、詳しい状況は明らかになっていませんが、声明では、インド軍が先に攻撃してきたため応戦したとしています。

対立が続くインドとパキスタンは、去年12月、インドのモディ首相がパキスタンを電撃的に訪問してシャリフ首相と会談し、互いの信頼関係を深めることで一致しました。

しかし、ことし9月にインド北部で武装グループがインド軍の基地を襲撃して兵士17人が死亡し、インド政府が、パキスタンの過激派組織が関わったと非難するなど、一転して関係は冷え込んでいます。

その後も、カシミール地方では両国の部隊が衝突を繰り返し双方に犠牲者が出ていて、対立を解消する糸口が見えない中、軍事的な緊張が高まっています。


0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース