スポンサーリンク

2016年11月20日日曜日

APEC開催のペルーで日ロ首脳会談開催、安倍首相“平和条約”「そう簡単でない」

APEC開催のペルーで日ロ首脳会談開催、安倍首相“平和条約”「そう簡単でない」

日本の安倍首相とロシアのプーチン大統領が首脳会談を行いました。

安倍総理はその会談後、疲れた様子で、平和条約締結に向けて「一歩一歩山を越えていく必要がある。大きな一歩を進めるのは、そう簡単ではない」と慎重な見通しを繰り返しました。


ヤフーニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20161120-00000021-jnn-pol

日ロ首脳会談、安倍首相“平和条約”「そう簡単でない」


 ペルーを訪れている安倍総理大臣は19日、日本時間の20日午前7時半ごろから、ロシアのプーチン大統領と首脳会談に臨み、平和条約締結交渉に対して「そう簡単ではない」と慎重な見通しを示しました。ペルーの首都・リマからの報告です。



 首脳会談が行われていた会場前です。会談が終わってみれば、北方領土問題の解決に向けた平和条約交渉に関して、安倍総理、かなり慎重な見通しを示しました。

 「平和条約について言えば、70年間できなかったわけでありまして、そう簡単な課題ではないわけであります」(安倍首相)

Q.交渉はどうでしたか?
 「よかったです」(ロシア プーチン大統領)

 対照的な両首脳の反応ですが、会談の冒頭、プーチン大統領は余裕の表情を見せていました。前日、日ロの次官級協議で合意された経済協力プランにプーチン大統領が大きくうなずいて目を通していたということです。

 その後の両首脳と通訳だけを入れた35分間の会談が行われました。安倍総理はその会談後、疲れた様子で、平和条約締結に向けて「一歩一歩山を越えていく必要がある。大きな一歩を進めるのは、そう簡単ではない」と慎重な見通しを繰り返しました。

 プーチン大統領の来日時は、12月15日には山口、16日には東京に滞在と、スケジュールが明らかになり、準備は着々と進んでいます。しかし、経済協力については、一定の成果が得られそうなものの、肝心の北方領土問題の解決に向けた交渉が12月15日まで大きく前進する要素も見当たらず、日本側としては楽観的にはなれず、交渉は厳しい局面を迎えています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース