スポンサーリンク

2016年11月24日木曜日

東京などで初雪 11月の雪は54年ぶり 関東甲信の平野部でも積雪おそれ

東京などで初雪 11月の雪は54年ぶり 関東甲信の平野部でも積雪おそれ

東京で初雪です。
東京で11月に雪を観測するのは54年ぶりです。




NHKニュースより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161124/k10010782171000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

東京などで初雪 関東甲信の平野部でも積雪おそれ

真冬並みの強い寒気の影響で、北日本と東日本の各地で雪が降っていて、東京の都心と横浜市、それに甲府市で11月としては54年ぶりに初雪を観測しました。関東甲信では昼すぎにかけてまとまった雪が降り、平野部でも積もるおそれがあり、気象庁は雪による交通への影響や、路面の凍結などに注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、上空1500メートル付近に氷点下3度以下の真冬並みの強い寒気が流れ込んでいる影響で、北日本と東日本の各地で雪が降っています。

午前7時には北海道夕張市で33センチ、長野県軽井沢町と山梨県富士河口湖町で11センチ、長野県飯田市で8センチ、群馬県草津町で3センチの積雪を観測しました。

東京の都心では24日午前6時15分にみぞれが降り、気象庁は「東京の都心で初雪を観測した」と発表しました。また、横浜市と甲府市でも初雪を観測し、いずれも11月としては昭和37年以来、54年ぶりの観測となりました。このほか、宇都宮市と前橋市、水戸市、それに埼玉県熊谷市でも初雪が観測されました。

関東の南の海上にある前線を伴った低気圧に向かって寒気の流れ込みが強まり、気温がさらに下がるため、関東の山沿いと甲信地方を中心に昼すぎにかけてまとまった雪となり、関東の平野部でもところによって雪が積もる見込みです。



25日朝までに降る雪の量は、いずれも多いところで、北海道の日本海側で25センチ、甲信地方と関東北部の山沿いで15センチ、神奈川県の箱根から東京の多摩地方、埼玉県の秩父地方にかけての山沿いで10センチ、関東の平野部で5センチと予想され、このうち東京23区でもところによって2センチの雪が降るおそれがあります。

気象庁は、雪による交通への影響のほか、電線や樹木への着雪、それに路面の凍結などに注意するよう呼びかけています。

初雪に通勤客は

東京・杉並区のJR荻窪駅前では、午前5時半ごろに降っていた雨が
みぞれに変わりました。白っぽいみぞれは路上に積もるほどではありませんでしたが、出勤する会社員などが傘をさして駅に向かう様子が見られました。

厚手のコートに長靴姿で出勤途中だった50代の会社員は、「電車が遅れたり混んだりすると思い、いつもより早く家を出ました。ことし初めての雪なので、今後天気がどうなるのか心配です」と話していました。20代の会社員の女性は、「ダウンの入ったコートにブーツでしっかりと防寒してきました。帰りの時間帯にちゃんと電車が動くのか不安です」と話していました。

また、横浜市中区のJR桜木町駅前では、雪に戸惑う声が聞かれました。会社員の女性は、「まさか11月に、雪が降るとは思わなかったのでびっくりしています。足元に気をつけて会社に向かいたいと思います」と話していました。28歳の会社員の男性は、「想像していなかった寒さです。けさ急いで防寒具を出しましたが、それでも寒さが体にこたえます」と話していました。

雪が降った際の注意点

関東甲信では過去にも、雪が積もると転倒によるけが人が相次いだり、交通機関が大幅に乱れたりするなどの影響が出ています。積雪が予想されている地域では、外出する際にはふだんより余裕を持って行動するほか、滑り止めのついた靴を履いたり、冬用のタイヤに替えた車を使ったりするなどの安全対策が必要です。

関東甲信ではことし1月の大雪で、山沿いで40センチの積雪となったところがあったほか、平野部でも雪が降り、東京の都心で6センチ、横浜市でも5センチの積雪を観測しました。この大雪で、東京・杉並区では軽乗用車が横転し、乗っていた60代の男性が腕の骨を折る大けがをしたほか、埼玉県所沢市では自転車に乗っていた60代の女性が転倒して足の骨を折るなど、国のまとめで関東を中心におよそ350人がけがをしました。

雪が積もった路面で車を運転する場合、夏用のタイヤのままでは、スリップしたり、立往生したりするおそれがあります。積雪が予想される地域では、冬用のタイヤに替えたり、チェーンをつけたりした車を使うほか、歩く際にも滑り止めのついた靴を履くなどの安全対策が必要です。

また、ことし1月の大雪では、交通機関のダイヤが大幅に乱れ、鉄道やバスが本数を減らして運行したほか、空の便の欠航も相次ぎました。朝のラッシュの時間帯と重なったこともあり、都内の鉄道の駅の中には電車に乗りきれない乗客がホームにあふれ、入場を制限するところが相次いだほか、積雪が多かった地域では路面が凍結するなどして、雪がやんだ後も混乱が続きました。

24日も場所によっては雪の降る時間帯が朝のラッシュと重なると予想され、外出する際にはふだんよりも余裕を持って行動するなど、交通の影響への注意が必要です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース