スポンサーリンク

2016年10月24日月曜日

宇都宮の連続爆発事件 死体で見つかった元自衛官の自殺目当ての犯行か?

宇都宮の連続爆発事件 死体で見つかった元自衛官の自殺目当ての犯行か?

宇都宮の連続爆発は近くで死体で見つかった元自衛官の男による自殺のための犯行だったようです。

宇都宮で複数回の爆発 少なくとも 1人死亡3人けが

宇都宮爆発 駐車場で車爆発、近くにバラバラの焼死体…元自衛官か

23日、宇都宮市の公園などで相次いで起きた爆発で、爆発物のものとみられる金属片が半径およそ40メートルにわたって周囲に飛び散っていたことが、警察への取材でわかりました。けが人3人のうち大けがをした人たちは金属片が体に刺さっていて、警察は、死亡した元自衛官が威力の強い爆発物を使って自殺したとみて調べています。
23日昼前、宇都宮市本丸町の宇都宮城址公園内の駐輪場付近で爆発があり、市内に住む元自衛官、栗原敏勝容疑者(72)が死亡し、近くにいた中学生ら3人が巻き込まれ重軽傷を負いました。警察は、元自衛官の衣服から遺書が見つかったことから、爆発物を使って自殺したとみて調べています。





NHKニュースより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161024/k10010741501000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

宇都宮の連続爆発 元自衛官が威力強い爆発物で自殺か



23日、宇都宮市の公園などで相次いで起きた爆発で、爆発物のものとみられる金属片が半径およそ40メートルにわたって周囲に飛び散っていたことが、警察への取材でわかりました。けが人3人のうち大けがをした人たちは金属片が体に刺さっていて、警察は、死亡した元自衛官が威力の強い爆発物を使って自殺したとみて調べています。
23日昼前、宇都宮市本丸町の宇都宮城址公園内の駐輪場付近で爆発があり、市内に住む元自衛官、栗原敏勝容疑者(72)が死亡し、近くにいた中学生ら3人が巻き込まれ重軽傷を負いました。警察は、元自衛官の衣服から遺書が見つかったことから、爆発物を使って自殺したとみて調べています。

その後の調べで、爆発があった周辺では、爆発物のものとみられる金属片が半径およそ40メートルにわたって周囲に飛び散っていたことがわかりました。けが人3人のうち大けがの2人は、いずれも金属片が体に刺さっていたうえ、現場では火薬の臭気が立ちこめていたということです。

警察は、元自衛官が威力の強い爆発物を使ったとみて、殺人未遂などの疑いで調べています。

また、この爆発と同じころに、200メートルほど離れたコインパーキングで元自衛官の車が焼けたほか、その20分余り前には、8キロほど離れた元自衛官の自宅が全焼する火災があり、警察は、24日、現場検証を行って詳しく調べることにしています。
元同僚など「容疑者はまじめで温厚な人」
元自衛官、栗原敏勝容疑者について、元同僚や近所の人などは、まじめで温厚な人だったと話していました。

宇都宮市にある陸上自衛隊の航空学校で一緒に働いたことがあるという70代の男性は「事件の話を聞いて、とても驚いています。気象分析の教官として後輩に熱心に指導をしていて、まじめな仕事ぶりで、周りからも信頼されていました」と話していました。
元自衛官と一緒に2年ほど前から地域の町おこしの活動に参加していたという60代の男性は「パソコンに精通している人だったので、地域のイベントで撮った写真をホームページに載せてもらっていました。自分の話をあまりしない印象でしたが、まじめな人でした」と話していました。
元自衛官の近所に住む女性は「ふだんは温厚でいい人でした。最近もお茶を飲みながら話をしたのですが、特段変わった様子もありませんでした」と話していました。
同じく近所に住む男性は、23日、元自衛官と会ったばかりだったということで、「会ったときにはあいさつしたが、特に変わった様子はありませんでした。地域の新年会などで一緒になることもありました。今はほとんどつきあいはありませんでしたが、どちらかというとおとなしい人だったと思います」と話していました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース