スポンサーリンク

2016年10月28日金曜日

総務相 フィリピンへ地デジ支援継続伝える

総務相 フィリピンへ地デジ支援継続伝える

高市総務大臣は、日本を訪れているフィリピンのアンダナール広報担当相と会談し、日本方式の地上デジタル放送を採用しているフィリピンに対し、地デジの電波を使った緊急警報放送システムの普及などへの支援を継続していく考えを示しました。
高市総務大臣は、フィリピンのドゥテルテ大統領とともに日本を訪れているアンダナール広報担当相と26日午後、総務省で会談しました。
フィリピンは3年前、東南アジアで初めて、日本方式の地上デジタル放送を採用していて、アンダナール広報担当相は、「フィリピンもデジタル放送を早く普及させたいので、日本の助言をいただきたい」と述べました。そのうえでアンダナール広報担当相は、フィリピンが台風や地震などの被害が多いことを踏まえ、地デジの電波を使った緊急警報放送システムの普及などへのさらなる支援を要請しました。


NHKニュースより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161026/k10010745521000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_013

総務相 フィリピンの地デジ支援継続伝える



高市総務大臣は、日本を訪れているフィリピンのアンダナール広報担当相と会談し、日本方式の地上デジタル放送を採用しているフィリピンに対し、地デジの電波を使った緊急警報放送システムの普及などへの支援を継続していく考えを示しました。
高市総務大臣は、フィリピンのドゥテルテ大統領とともに日本を訪れているアンダナール広報担当相と26日午後、総務省で会談しました。

フィリピンは3年前、東南アジアで初めて、日本方式の地上デジタル放送を採用していて、アンダナール広報担当相は、「フィリピンもデジタル放送を早く普及させたいので、日本の助言をいただきたい」と述べました。そのうえでアンダナール広報担当相は、フィリピンが台風や地震などの被害が多いことを踏まえ、地デジの電波を使った緊急警報放送システムの普及などへのさらなる支援を要請しました。

これに対して高市大臣は、「日本方式の地デジは緊急時には自動的に起動して緊急警報を受信できる。こうしたものをしっかり進めていきたい」と述べ、日本政府として今後も支援を継続していく考えを示しました。



フィリピン代表団 NHKの最先端技術視察

日本方式の地上デジタル放送を採用しているフィリピンの政府代表団が、26日、東京・渋谷のNHKを訪れ、今のハイビジョンよりも画質がはるかに鮮明な8K=スーパーハイビジョンなど最先端の放送技術を視察しました。

東京・渋谷のNHK放送センターを訪れたのはフィリピンのドゥテルテ大統領とともに来日した広報担当の閣僚などおよそ10人です。一行は、NHKが中心となって開発した8K=スーパーハイビジョン専用のモニターでリオデジャネイロオリンピックの番組を視聴し、臨場感あふれる映像や音響を体験しました。また、ニュースセンターでは、地震や津波など災害が起きた際にいち早く情報を伝える仕組みについて説明を受け、熱心に質問していました。

視察したフィリピンのアンダナール広報担当相は、「きょう得られた知識をフィリピンの国民に伝えるのが楽しみです。8Kを導入するのが私たちの夢です」と話していました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース