スポンサーリンク

2016年10月1日土曜日

アメリカ下院決議採択 拉致疑惑解明へ日中韓と協力を=04年の学生失踪で

アメリカ下院決議採択 拉致疑惑解明へ日中韓と協力を=04年の学生失踪で

アメリカ下院が北朝鮮に拉致された恐れのある米国人大学生の調査をアメリカ政府に求める決議を採択しました。

米下院は28日の本会議で、米国人大学生が北朝鮮に拉致された疑いがあると指摘し、日本、中国、韓国の当局と連携して調査を進めるよう米政府に求める決議を採択した。
 決議によると、ブリガム・ヤング大学の学生だったデービッド・スネドン氏=当時(24)=が2004年8月、中国雲南省を旅行中に失踪した。中国当局はハイキング中に川に転落して死亡した可能性が高いと説明したが、北朝鮮専門家の間では拉致の可能性を指摘する声も上がっていた。
日本では国会で「北朝鮮の拉致疑惑は事実無根」と発言していた党があったのを思い出しました。


AFP BB NEWSより

拉致疑惑解明へ日中韓と協力を=04年の学生失踪で-米下院決議

【9月30日 時事通信社】米下院は28日の本会議で、米国人大学生が北朝鮮に拉致された疑いがあると指摘し、日本、中国、韓国の当局と連携して調査を進めるよう米政府に求める決議を採択した。


 決議によると、ブリガム・ヤング大学の学生だったデービッド・スネドン氏=当時(24)=が2004年8月、中国雲南省を旅行中に失踪した。中国当局はハイキング中に川に転落して死亡した可能性が高いと説明したが、北朝鮮専門家の間では拉致の可能性を指摘する声も上がっていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース