スポンサーリンク

2016年10月8日土曜日

インドネシア 邦人男性が海水浴中波にさらわれ行方不明 捜索続く

インドネシア 邦人男性が海水浴中波にさらわれ行方不明 捜索続く

インドネシアで海水浴をしていた日本人男性が波にさらわれて行方不明になっています。

インドネシア中部の観光地、バリ州の島で海水浴中に波にさらわれた日本人の男性の行方は依然、わかっておらず、地元の救難当局などは捜索を続けています。
インドネシアのバリ島の南東に位置するチュニンガン島では、7日午後、海水浴をしていた日本人の26歳の観光客の男性が波にさらわれ、行方不明になっています。
地元の警察は当初、男性の名前をマツダ・シュウタさんとしていましたが、その後、マスダ・シュウタさんに訂正しました。
現場の海域は潮の流れが速いことで知られており、チュニンガン島の隣に位置するレンボンガン島の沖合ではおととし、日本人女性7人がダイビング中に流され、2人が亡くなる事故が起きています。



NHKニュースより

インドネシア 邦人男性が波にさらわれ行方不明 捜索続く


インドネシア中部の観光地、バリ州の島で海水浴中に波にさらわれた日本人の男性の行方は依然、わかっておらず、地元の救難当局などは捜索を続けています。
インドネシアのバリ島の南東に位置するチュニンガン島では、7日午後、海水浴をしていた日本人の26歳の観光客の男性が波にさらわれ、行方不明になっています。
地元の警察は当初、男性の名前をマツダ・シュウタさんとしていましたが、その後、マスダ・シュウタさんに訂正しました。

インドネシアの救難当局は8日朝から捜索を再開し、現場周辺におよそ50人の隊員と巡視艇を派遣するとともに、周辺の漁船なども協力して捜索にあたっています。しかし、現場周辺は悪天候のため波が高く捜索は難航しているということです。

現場の海域は潮の流れが速いことで知られており、チュニンガン島の隣に位置するレンボンガン島の沖合ではおととし、日本人女性7人がダイビング中に流され、2人が亡くなる事故が起きています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース