スポンサーリンク

2016年10月12日水曜日

東京都内で停電  一時35万戸が停電 午後4時25分に復旧

東京都内で停電  一時35万戸が停電 午後4時25分に復旧


東京で35万戸が停電をしました。
埼玉県新座市の東京電力関連施設で送電線のケーブルが燃える火災が起きた事が原因と見られています。



NHKニュースより

東京都内で一時35万戸が停電 午後4時25分に復旧

12日午後、東京都内の広い範囲で一時およそ35万戸が停電しました。この停電の前に埼玉県新座市にある東京電力の関係施設で送電線のケーブルが燃える火災が起きており、東京電力はこの施設で起きたトラブルが原因と見て調べています。


東京電力によりますと、12日午後3時半ごろから東京の中央区、港区、千代田区、それに豊島区を中心に停電が発生し、停電の戸数は一時、35万戸に上りました。
東京電力によりますと、送電ルートを変えるシステムによって、停電は午後4時25分ごろ、復旧したということです。
これより前の午後2時50分ごろには、埼玉県新座市にある東京電力の地下の無人の施設で火災が起き、通気口から激しく黒い煙が上がりました。
東京電力によりますと、この施設には、新座市の変電所と東京・豊島区の変電所をつなぐ送電線のケーブルがあり、何らかの原因でケーブルを覆う絶縁体が破損し、火災が発生したということで、この施設で起きたトラブルが原因と見て詳しく調べています。
東京電力では、ケーブルを覆う絶縁体に油が使われていることから、この油に引火して豊島区の変電所につながるケーブルだけでなく、隣接して敷設されている練馬区の変電所につながるケーブルにも被害が広がったのではないかとしています。
警察などによりますと、これまでのところ、けが人などの情報は入っていないということです。

首都圏の過去の大規模停電

首都圏で発生した過去の大規模な停電としては、昭和62年7月、猛暑が原因で、影響が280万戸に及ぶ最大規模の停電が発生しました。
また、平成18年8月には、東京・江戸川区と千葉県浦安市の間の旧江戸川にかかる送電線にクレーン船が接触し、東京の23区や千葉県、それに神奈川県の一部でおよそ139万戸が停電して、首都圏の鉄道各線が一時、運転できなくなったほか、エレベーターに人が閉じ込められるなどのトラブルが相次ぎました。
このほか、平成22年11月には、変電所のトラブルから東京の八王子市や多摩市などで停電が発生し、およそ25万8000戸が一時、停電しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース