スポンサーリンク

2016年9月29日木曜日

オリンピック組織委員会 森会長 会場見直し案けん制=「都は本当にやるのか」

オリンピック組織委員会 森会長 会場見直し案けん制=「都は本当にやるのか」

東京オリンピック組織委員会の森喜朗会長は東京都の都制改革本部調査チームによる3会場の計画見直し案をけん制されました。
見直しされると困るわけではんないですよね?



ヤフーニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160929-00000052-jij-spo

森会長、会場見直し案けん制=「都は本当にやるのか」―東京五輪


 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は29日、東京都の都政改革本部調査チームによる3会場の計画見直し案について、「知事の判断を待ち、考えを伺ってからわれわれの考えを言う。都は本当にやるのか。それでもやるというなら大変なことだ」とけん制した。



 都の調整チームの案は、新規に整備するボートとカヌー、水泳、バレーボールの恒久施設を経費削減のため既存施設に変更するというもの。森会長は「会場はそれなりの理由があって決まった。日本側からひっくり返すことは極めて難しい。(変更には)競技団体の了解がまず必要で、国際オリンピック委員会(IOC)は競技団体が了解しない限り受け入れてくれない」と話した。

 ボートとカヌーの会場案として宮城県登米市にある既存施設が挙げられている点について、森会長は「選手村から離れており、分村で作るとなれば経費も大変かかる」と指摘した。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース