スポンサーリンク

2016年9月13日火曜日

陸自ヘリ使い工事用重機搬入<沖縄ヘリパッド移設工事>自称市民団体の激しい抗議を受け

陸自ヘリ使い工事用重機搬入<沖縄ヘリパッド移設工事>自称市民団体の激しい抗議を受け

沖縄東村高江の米軍北部訓練場ヘリッパッド工事で陸上自衛隊のヘリコプターによる工事用重機の搬入が開始されました。

沖縄東村高江の米軍施設内ヘリパッド工事 自衛隊ヘリ運用 完成を急ぐ

米軍北部訓練場(沖縄県東村、国頭村)の約半分の返還に伴う東村高江周辺へのヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の移設工事を巡り、政府は13日、陸上自衛隊のヘリコプター「CH47」を使って、工事用の重機などの搬入を始めた。米軍施設建設のために自衛隊ヘリが使用されるのは異例で、ヘリパッド移設に反対する市民が激しく反発している。
 沖縄県はヘリによる重機の空輸については騒音の懸念などから沖縄防衛局に中止を求めており、翁長雄志知事も「事前に十分な説明もなく、一方的に工事 を進めようとする政府の姿勢は到底容認できない」などと批判している。
地元住民の負担を軽減するこのヘリによる輸送について市民と翁長県知事は反対しているそうです。

安全な工事進行と地元村民のためにもヘリ輸送を有効に使って工事を進めてほしいですね。





ヤフーニュースより

<沖縄ヘリパッド移設工事>陸自ヘリ使い工事用重機搬入

毎日新聞9月13日(火)11時9分配信


 米軍北部訓練場(沖縄県東村、国頭村)の約半分の返還に伴う東村高江周辺へのヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の移設工事を巡り、政府は13日、陸上自衛隊のヘリコプター「CH47」を使って、工事用の重機などの搬入を始めた。米軍施設建設のために自衛隊ヘリが使用されるのは異例で、ヘリパッド移設に反対する市民が激しく反発している。

 13日午前9時過ぎから、自衛隊のヘリがヘリパッド建設現場に向けてトラックなどを空輸している様子が確認された。関係者によると、ヘリは陸自木更津駐屯地(千葉県)の中央即応集団第1ヘリコプター団所属。



 高江周辺では9日から民間ヘリでの資機材搬入が始まっているが、新たに自衛隊ヘリを使用することについて、沖縄防衛局は「一部の建設機材については重量の制約上、民間ヘリによる運搬が困難なため」と説明している。

 ヘリパッド移設は米軍北部訓練場(約7800ヘクタール)の約半分にあたる約4000ヘクタールの返還条件とされ、日米両政府が1996年に合意した。計画された6カ所のうち2カ所は既に完成したが、残り4カ所は反対する市民らの抗議活動などによって工事が進んでおらず、政府は今年7月22日に工事を再開した。

 だが、現場周辺では移設に反対する人たちが工事車両の通り道に座り込むなどして抵抗し、全国から集められた数百人規模の機動隊とのもみ合いがつづいている。来年2月末までの完成を目指す政府は工事の遅れを懸念し、ヘリによる資機材の搬入に踏み切った。

 沖縄県はヘリによる重機の空輸については騒音の懸念などから沖縄防衛局に中止を求めており、翁長雄志知事も「事前に十分な説明もなく、一方的に工事を進めようとする政府の姿勢は到底容認できない」などと批判している。【佐藤敬一】

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース