スポンサーリンク

2016年9月9日金曜日

北朝鮮が核兵器の小型化成功か? 稲田防衛相会見「核兵器小型化の可能性も否定できない」

北朝鮮が核兵器の小型化成功か? 稲田防衛相会見「核兵器小型化の可能性も否定できない」

稲田防衛大臣が記者会見を行い、5回目の核実験を行った北朝鮮が核兵器を弾道ミサイルに搭載可能な小型化を成功している可能性がある事を示唆しました。

稲田防衛大臣は閣議のあとの記者会見で、北朝鮮が5回目の核実験を行ったことを受けて、北朝鮮が核兵器を弾道ミサイルに搭載するための小型化の実現に至っている可能性も否定できないという認識を示しました。
このなかで稲田防衛大臣は、北朝鮮が5回目の核実験を行ったことを受けて、「断定的には言えないが、北朝鮮は核兵器開発について技術的な成熟が認められる。過去4回の核実験を通じた技術的成熟などを踏まえれば、北朝鮮が核兵器の小型化、弾頭化に至っている可能性も否定できない」と述べました。
北朝鮮がまたも核実験強行!! 揺れ観測 韓国軍 “5回目の核実験の可能性”


NHKニュースより

防衛相「核兵器小型化の可能性も否定できない」

稲田防衛大臣は閣議のあとの記者会見で、北朝鮮が5回目の核実験を行ったことを受けて、北朝鮮が核兵器を弾道ミサイルに搭載するための小型化の実現に至っている可能性も否定できないという認識を示しました。


このなかで稲田防衛大臣は、北朝鮮が5回目の核実験を行ったことを受けて、「断定的には言えないが、北朝鮮は核兵器開発について技術的な成熟が認められる。過去4回の核実験を通じた技術的成熟などを踏まえれば、北朝鮮が核兵器の小型化、弾頭化に至っている可能性も否定できない」と述べました。

また稲田大臣は、韓国国防省の当局者がこれまでの核実験の中で最も規模が大きいとみられるとしていることについて、「気象庁の発表はマグニチュード5.3だが、規模がどの程度なのかもしっかり分析する」と述べました。

一方、稲田大臣は、北朝鮮がことし1月の前回の核実験で水爆実験に成功したと発表したことに関連して、「気象庁が発表しているマグニチュード5.3という規模から考えれば、今回、水爆実験を行ったとは考えにくいのではないか」と述べました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース