スポンサーリンク

2016年9月16日金曜日

空港周辺のレーザー照射や凧揚げ禁止に航空に 違反者に罰金刑 年内に施行予定

空港周辺のレーザー照射や凧揚げ禁止に航空に 違反者に罰金刑 年内に施行予定

日本の空港で空港周辺の空域でレーザーポインターを飛行機に照射する行為と凧揚げ等を行う危険行為が禁止される見込みです。

 全国の空港で旅客機などへのレーザーポインターによる照射が相次いでいる問題を受けて、国土交通省は航空法の省令を改正し、空港周辺の空域を飛行する航空機に対してレーザーを照射する行為を禁止する方針を固めた。
 同じ空域では、たこを揚げることも禁止し、違反者には50万円以下の罰金が科される。米軍機についても対象に加える方針で、早ければ年内の施行を目指す。
これはテロ行為ですので今まで禁止されていなかったのが不思議ですね。




ヤフーニュースより

航空機へのレーザー照射に罰金…たこ揚げも禁止

読売新聞9月15日(木)15時45分配信


全国の空港で旅客機などへのレーザーポインターによる照射が相次いでいる問題を受けて、国土交通省は航空法の省令を改正し、空港周辺の空域を飛行する航空機に対してレーザーを照射する行為を禁止する方針を固めた。



 同じ空域では、たこを揚げることも禁止し、違反者には50万円以下の罰金が科される。米軍機についても対象に加える方針で、早ければ年内の施行を目指す。

 国交省によると、2010年7月~今年6月末に把握できたレーザー照射による被害は、民間機だけで194件に上る。大半は、着陸態勢に入った航空機に照射されていた。他に厚木基地(神奈川県)や米軍普天間飛行場(沖縄県)などで、自衛隊機や米軍機が被害に遭うケースもあった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース