スポンサーリンク

2016年9月30日金曜日

アメリカ 通勤列車が駅ホーム突っ込み乗り上げ=3人死亡、100人負傷

アメリカ 通勤列車が駅ホーム突っ込み乗り上げ=3人死亡、100人負傷

アメリカ東部ニュージャージ州で通勤電車が駅に突っ込む事故が発生しました。

現在までに3人が死亡、約100人が負傷しました。

米東部ニュージャージー州のホーボーケン駅で29日午前8時45分(日本時間同日午後9時45分)ごろ、通勤列車が駅に突っ込む事故が発生した。
 米NBCテレビは、3人が死亡、約100人が負傷したと伝えた。
 NBCテレビによれば、捜査当局者は、現時点でテロ行為であることを示す情報はないと述べた。



ヤフーニュースより

列車がホームに乗り上げ=3人死亡、100人負傷―米

時事通信9月29日(木)22時35分配信

 【ニューヨーク時事】米東部ニュージャージー州のホーボーケン駅で29日午前8時45分(日本時間同日午後9時45分)ごろ、通勤列車が駅に突っ込む事故が発生した。



 米NBCテレビは、3人が死亡、約100人が負傷したと伝えた。

 NBCテレビによれば、捜査当局者は、現時点でテロ行為であることを示す情報はないと述べた。

 米テレビが伝えた映像では、ホームに列車が乗り上げ、駅施設が大きく損傷している。ABCテレビは車両内に乗客が閉じ込められている恐れがあると報じた。目撃情報によれば、列車は車止めに衝突したという。

 事故列車に乗っていた男性は、CNNの取材に「先頭の車両が線路から外れて駅の建物に激突した。天井がそこら中に崩れた」と発生当時の様子を語った。ホームに入る際、列車が減速したようには感じなかったという。

 ホーボーケン駅は、ハドソン川を挟んでニューヨーク・マンハッタン島の対岸にあり、複数の路線が乗り入れている。ABCテレビによると、列車は午前7時23分(日本時間午後8時23分)ニューヨークのスプリングバレー駅を出発し、同8時38分(同9時38分)にホーボーケン駅へ到着予定だった。事故が起きたのは通勤時間帯で、列車は混み合っていた。 

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース