スポンサーリンク

2016年9月3日土曜日

ジャンプの「こち亀」が40周年で連載終了へ 最終回と最終200巻が同時発売

ジャンプの「こち亀」が40周年で連載終了へ 最終回と最終200巻が同時発売

週刊少年ジャンプのこちら葛飾区亀有公園前派出所」が9月17日発売の掲載で最終回となる事が明らかになりました。

秋本先生からのメッセージ
http://www.j-kochikame.com/arigatou/




 NHKニュースより

人気漫画「こち亀」が40周年で連載終了へ


少年漫画雑誌で40年にわたって連載を続け、世代を超えて親しまれた人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、今月17日に発売される最新号をもって連載を終えることになりました。
「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、通称「こち亀」は、東京の下町を舞台に主人公のお騒がせ警察官「両津勘吉」が巻き起こす騒動を描いたギャグマンガです。
東京・葛飾区亀有出身の漫画家、秋本治さんが、昭和51年に「週刊少年ジャンプ」で連載を始め、その後一度も休むことなく連載を続けてきました。
集英社によりますと、「こち亀」は秋本さんの判断により、今月17日に発売される雑誌の最新号をもって連載を終えることになったということです。また、「こち亀」の単行本はこれまで199巻まで発売されて累計発行部数は1億5000万部を超え、世代を超えて親しまれてきましたが、連載終了と同じ日に最終話を収めた最新巻を同時に発売し、200巻で終了することになります。
秋本さんは、すでに次の作品についての構想を練り始めていると説明しているということです。
連載終了について、秋本さんは「びっくりさせて申し訳ないです。200巻は作家にとって勲章みたいなものです。両さんの引き際としては、200冊残して40周年で祝ってもらってスッと消えるのがやっぱりいちばんよい大団円の場かなと思い、それで決めました。本当に作者冥利(みょうり)に尽きる話です」とコメントしています。

亀有駅前では惜しむ声

「こち亀」の舞台となり、主人公の「両津勘吉」の銅像が立つJR亀有駅前では、多くの人から連載終了を惜しむ声が聞かれました。
20代の大学生は「漫画もアニメも小さいころからずっと見ていたので、終わってしまうと聞いて悲しいです。もっと続けてほしいですが、作者の方には今まで本当にありがとうございましたと伝えたいです」と話していました。
「こち亀」のファンだという50代の女性は「連載終了と知った時は本当に驚きました。昔からずっと読んでいたので残念だし、さみしいです。漫画の中で、両さんがうまくいかないことや縦割り社会の窮屈さも、わーっと風穴を開けてくれる姿が爽快で大好きでした」と話していました。

また、60年前から営業している駅前の書店では、「こち亀」の絵馬や貯金箱などたくさんのグッズが販売されています。
2代目の店主の男性は「日本だけでなく、世界からお客さんが買いにきてくれて、亀有は『こち亀』の街としてにぎわってきた。何らかの形でこれからも続けてもらいたい」と話していました。
葛飾区 青木区長「『こち亀』通し下町を世界に」
「こち亀」の舞台となっている東京・葛飾区は、この作品を生かしたまちづくりを進めていて、連載30年を迎えた平成18年以降、JR亀有駅の周辺に主人公の「両津勘吉」や、ほかの登場人物の銅像を合わせて15体、設置しています。
連載終了を受け、葛飾区の青木克徳区長は「『こち亀』を通して、葛飾の下町というものを日本中、さらには海外にも広めていただいたことは、本当にありがたいことだと思っています。連載は終了しますが、これからも亀有は『こち亀』のまちとして、この大きな“宝”を地元の方々とともに、大切にしていきます。長い間、連載を続けていただき、本当にありがとうございました」とコメントしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース