スポンサーリンク

2016年8月26日金曜日

東京五輪 新国立競技場の旧案撤回68億円が回収不能 38億円が設計事務所へ

東京五輪 新国立競技場の旧案撤回68億円が回収不能 38億円が設計事務所へ

東京オリンピックの撤回された当初の国立競技場案に関連する回収不能額が約68億6千万円となって事が報道されました。

内訳は下記の通りですが、設計関連に38億円と半分を超える38億円が支払い済みでした。

■白紙撤回された新国立競技場の旧計画にかかる支払いの内訳
▽設計=日建設計、梓設計、日本設計、アラップ設計共同体:38億円
▽デザイン監修=ザハ・ハディド事務所:13億9千万円
▽技術協力=大成建設、竹中工務店:7億8千万円
▽発注者支援=山下設計、山下ピー・エム・コンサルタンツ、建設技術研究所共同体:4億5千万円
▽積算、工事監理など=竹中工務店など:4億4千万円
不透明な選考そして際限のない建設費用を認めていた当時のオリンピック組織委員会の責任を追及してほしいものですね。


ヤフーニュースより

新国立の旧案撤回、68億円が回収不能 ザハ氏側など

朝日新聞デジタル 8月26日(金)17時57分配信

新国立競技場建設の事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は26日、白紙撤回された旧建設計画での契約に基づいて支払った回収不能額が、約68億6千万円で確定したと発表した。


 このうち、デザインを監修した建築家の故ザハ・ハディド氏側へは白紙撤回前に支払い済みだった2014年度までの13億円に加え、昨年度分の契約額1億7千万円のうち、実費として約8600万円を支払った。また、ハディド氏が生前、隈研吾氏による新しい競技場のデザインは自らの案に似ていると主張していたことについて、JSCの池田貴城理事は「旧計画のデザインの著作権はハディド氏側に残ったまま」と説明。そのうえで、「精算は円満に解決した。再び何か要求してくるようなことはないと思う」と述べた。

 このほかの支払いは、日建設計・梓設計・日本設計・アラップ設計の共同体に約39億円、竹中工務店が約5億7千万円、大成建設が約4億6千万円などだった。(阿久津篤史)


■白紙撤回された新国立競技場の旧計画にかかる支払いの内訳

▽設計=日建設計、梓設計、日本設計、アラップ設計共同体:38億円

▽デザイン監修=ザハ・ハディド事務所:13億9千万円

▽技術協力=大成建設、竹中工務店:7億8千万円

▽発注者支援=山下設計、山下ピー・エム・コンサルタンツ、建設技術研究所共同体:4億5千万円

▽積算、工事監理など=竹中工務店など:4億4千万円

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース