スポンサーリンク

2016年8月24日水曜日

自民二階幹事長が中国外相と会談 領海侵入問題 両国が努力を 親中派じゃなかったっけ?

自民二階幹事長が中国外相と会談 領海侵入問題 両国が努力を 親中派じゃなかったっけ?

自民党の二階幹事長が中国の王毅外相と会談しました。
親中派の二階幹事長は中国に強く伝えられたのでしょうか?

王毅外相は、沖縄県の尖閣諸島周辺で中国当局の船が領海侵入を繰り返していることに触れ、「漁をする船団が集まって生じたことだ」と説明しました。これに対して、二階氏は「日本と中国の関係がすばらしいものになるよう期待している両国の国民のために、早く解決できるようにさらに努力しなくてはならない」と述べました。
また、北朝鮮が24日、弾道ミサイルを発射したことについて、二階氏が「中国は日本より北朝鮮に近い位置にあるのだから、しっかり対応してほしい」と求めましたが、王毅外相は「アメリカ軍と韓国軍による合同軍事演習が北朝鮮を刺激した面もある」と指摘しました。



NHKニュースより

自民幹事長が中国外相と会談 領海侵入問題 両国が努力を

自民党の二階幹事長は24日朝、中国の王毅外相と会談し、沖縄県の尖閣諸島周辺で、中国当局の船が領海侵入を繰り返していることについて、早期解決に向けて日中両国がさらに努力を重ねるべきだという考えを伝えました。


自民党の二階幹事長は、日本、中国、韓国の3か国による外相会議に先立って24日朝、中国の王毅外相と会談しました。

この中で王毅外相は、沖縄県の尖閣諸島周辺で中国当局の船が領海侵入を繰り返していることに触れ、「漁をする船団が集まって生じたことだ」と説明しました。これに対して、二階氏は「日本と中国の関係がすばらしいものになるよう期待している両国の国民のために、早く解決できるようにさらに努力しなくてはならない」と述べました。

また、北朝鮮が24日、弾道ミサイルを発射したことについて、二階氏が「中国は日本より北朝鮮に近い位置にあるのだから、しっかり対応してほしい」と求めましたが、王毅外相は「アメリカ軍と韓国軍による合同軍事演習が北朝鮮を刺激した面もある」と指摘しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース