スポンサーリンク

2016年8月17日水曜日

尖閣沖の領海に中国当局船4隻が一時侵入 侵略行為の常態化か?

尖閣沖の領海に中国当局船4隻が一時侵入 侵略行為の常態化か?

中国の公船4隻が日本の領海に侵入しました。

中国公船による領海侵犯という挑発行為が普通になってきました。
次のステップに移る前に領海侵犯が普通の事と思わせるテクニックの一つと思われます。




NHKニュースより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160817/k10010639611000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

尖閣沖の領海に中国当局船4隻が一時侵入


17日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国当局の船4隻が2時間近くにわたって日本の領海に侵入しました。4隻は領海を出たあとも、すぐ外側の接続水域を航行しているということで、海上保安本部が警戒と監視を続けています。


第11管区海上保安本部によりますと、日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入っていた中国海警局の船4隻が、17日午前10時すぎに久場島の北から相次いで領海に侵入しました。
海上保安本部が領海から出るよう警告しましたが、4隻はおよそ1時間40分にわたって領海内を航行したあと、正午ごろまでにいずれも領海から出ました。
4隻は、午後0時半現在、魚釣島の北北西およそ25キロから27キロにかけての日本の接続水域を航行しているということです。
中国当局の船が領海に侵入したのは今月9日以来8日ぶりで、海上保安本部は、再び領海に侵入しないよう警戒と監視を続けています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース