スポンサーリンク

2016年8月24日水曜日

フランス企業から潜水艦の機密情報が大量流出 オーストラリア次期潜水艦調達にも影響か

フランス企業から潜水艦の機密情報が大量流出 オーストラリア次期潜水艦調達にも影響か

オーストラリアの潜水艦事業を落札したフランスの防衛大手DCNSの潜水艦の機密情報が大量に流出したそうです。

機密情報の管理ができない国への兵器輸出は大きな情報漏洩のリスクがあるようですね。
豪全国紙のオーストラリアン(The Australian)によれば、流出した2万2400ページに及ぶ文書には、DCNSがインド海軍からの
受注で設計したスコルペヌ(Scorpene)級潜水艦の戦闘能力の詳細が記されている。
マレーシアとチリは同型の別の潜水艦を使用しており、ブラジルも2018年から配備を予定している。
同紙によれば「部外秘スコルペヌ・インド」と題された流出文書では、インドが導入した潜水艦について、戦闘能力関連の記述のほかに、
レーダー、通信・慣性航法装置についておよそ数千ページが、魚雷発射装置について500ページ近くがそれぞれ割かれている。
そういえば日本の隣の国もアメリカ製の兵器の情報を・・・



スレッドURL: http://ai.2ch.sc

仏企業から潜水艦の機密情報が大量流出 豪次期潜水艦調達にも影響か

1: ミラノ作 どどんスズスロウン(大阪府) 2016/08/24(水) 10:35:38.38 ID:+uN8PRwO0 BE:329591784-2BP(2000)
【8月24日 AFP】フランスの防衛大手DCNSが手掛ける潜水艦の機密情報が大量に流出したことが24日、オーストラリア紙の報道で明らかになった。
同社の潜水艦を使用しているインド、マレーシア、チリに影響を与える恐れがある。
オーストラリアは今年4月に総額500億豪ドル(約3兆8000億円)の次期潜水艦プロジェクトの設計と製造をDCNSに発注しており、
同国内でも波紋が広がりそうだ。

豪全国紙のオーストラリアン(The Australian)によれば、流出した2万2400ページに及ぶ文書には、DCNSがインド海軍からの
受注で設計したスコルペヌ(Scorpene)級潜水艦の戦闘能力の詳細が記されている。
マレーシアとチリは同型の別の潜水艦を使用しており、ブラジルも2018年から配備を予定している。

同紙によれば「部外秘スコルペヌ・インド」と題された流出文書では、インドが導入した潜水艦について、戦闘能力関連の記述のほかに、
レーダー、通信・慣性航法装置についておよそ数千ページが、魚雷発射装置について500ページ近くがそれぞれ割かれている。

DCNSはAFPの取材に対し、報道については承知しているとした上で「国家安全保障当局」が調査を開始したと明らかにしたが、
詳細については言及を避けた。

オーストラリアンによれば、DCNSは流出元について、フランスではなくインドの可能性があると示唆している。
2011年にDCNSの下請け業者として働いていた元フランス海軍将校がフランスから持ち去ったデータが東南アジアの複数の企業に渡り、
オーストラリアのある企業にメールで転送された疑いがあるという。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3098473



11: テキサスクローバーホールド(庭) 2016/08/24(水) 10:40:05.65 ID:bj5KVRtT0
知らないアル

19: トペ コンヒーロ(兵庫県) 2016/08/24(水) 10:42:26.84 ID:Gc4AAHmX0
いきなりこれか
日本は関わらんで良かったな

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース