スポンサーリンク

2016年8月12日金曜日

台湾の鴻海 シャープの買収手続き完了

台湾の鴻海 シャープの買収手続き完了

台湾の鴻海が遅れていたシャープの買収を完了しました。


シャープは12日午後、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が3888億円でシャープの株式を取得したと発表した。鴻海はシャープの議決権の約66%を握る親会社となり、買収手続きが完了した。日本の電機大手が外資の傘下に入るのは初めてだ。
 シャープの高橋興三社長は12日付で退任する。鴻海の戴正呉・副総裁が社長に就く新しい経営体制が13日にできる。


ヤフーニュースより

鴻海、シャープの買収手続き完了

朝日新聞デジタル8月12日(金)17時20分配信

 シャープは12日午後、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が3888億円でシャープの株式を取得したと発表した。鴻海はシャープの議決権の約66%を握る親会社となり、買収手続きが完了した。日本の電機大手が外資の傘下に入るのは初めてだ。




 シャープの高橋興三社長は12日付で退任する。鴻海の戴正呉・副総裁が社長に就く新しい経営体制が13日にできる。

 シャープは2016年3月末時点で、資産をすべて売っても借金などの負債が返せない「債務超過」に陥った。鴻海からお金が入り、債務超過は解消したことになる。シャープは資金を新製品の開発などにまわし、経営の効率化も進めて再建をめざす。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース