スポンサーリンク

2016年8月6日土曜日

衝突の危機高まる!尖閣領海へ中国公船・漁船侵入 周辺海域には漁船260隻集結 中国大使に抗議=公船航行「法執行活動の恐れ」-外務省

衝突の危機高まる!尖閣領海へ中国公船・漁船侵入 周辺海域には漁船260隻集結 中国大使に抗議=公船航行「法執行活動の恐れ」-外務省

日本の尖閣諸島の沖領海に中国海警局の公船が進入しました。

漁船と公船が同時に領海へ進入したのは初めてとの事です。

なお、ロイターの報道によると尖閣諸島周辺には中国公船6隻と中国漁船230隻が集結していて、公船には機関砲が搭載されているとの事です。

この異例の事態に緊張が高まっています。

http://www.imart.co.jp/senkaku-shotou-mondai.html より


JIJI.COMより

尖閣領海侵入で中国大使に抗議=公船航行「法執行活動の恐れ」-外務省

外務省の杉山晋輔事務次官は5日、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に中国海警局の「海警」が侵入したとして、中国の程永華駐日大使を外務省に呼び、厳重に抗議した。公船侵入で大使を呼び出して抗議するのは異例。



 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、同日午後、尖閣諸島の領海に中国の漁船が入ったのに続き、海警も領海に侵入。漁船と海警が同時に領海に入ったのは初めてで、海警は漁船の周囲を行ったり来たりする動きを見せたという。

 外務省は抗議の理由について「海警が漁船に法執行活動を行うことで、わが国の主権を侵害する恐れがあった」と説明している。

 杉山次官は同5時10分ごろ、程大使に「尖閣諸島領海への侵入や活動は、わが国主権の侵害であり、断固として認められない」と抗議。これに対し、程大使は「中国固有の領土で問題ない」との従来の立場を強調した。 

ロイターより
http://jp.reuters.com/article/idJP2016080601001477

 外務省は6日、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に>中国海警局の船6隻、その周辺海域に中国漁船約230隻を確認したとして中国に強く抗議したと発表した。尖閣の接続水域周辺に数百隻規模の中国船が入るのは異例。
海警局の船には機関砲のようなものが搭載されている。中国側は領有権を主張する尖閣周辺での取り締まりをアピールする思惑とみられる。日本側は既成事実を積み重ねる狙いだと警戒している。

中国海警局の6隻は6日午前7時20分ごろから順次、接続水域で確認された。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース