スポンサーリンク

2016年8月7日日曜日

岸田外相10日にフィリピン訪問 南シナ海問題でドゥテルテ大統領と初会談・協議

岸田外相10日にフィリピン訪問 南シナ海問題でドゥテルテ大統領と初会談・協議

日本の岸田外相が8月10日に南シナ海問題を主題にフィリピンを訪問してドゥテルテ大統領と会談を行う予定です。

岸田外務大臣は、今月10日からフィリピンを訪問し、ドゥテルテ大統領と初めて会談する方向で最終調整を進めていて、南シナ海をめぐる問題は当事国が国際法に基づいて、平和的に解決すべきだという日本の立場を伝え、連携して取り組むことを確認したいとしています。また、海上警備能力の向上に向けた両国の協力をめぐっても意見を交わすことにしていて、岸田大臣としては、南シナ海をめぐる問題で、フィリピンと足並みをそろえることで、中国に対し、国際法に従うよう促すねらいがあるものとみられます。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-05-30/O7XUTG6JTSG401 より


NHKニュースより

岸田外相 南シナ海問題でフィリピン訪問へ

 岸田外務大臣は、今月10日からフィリピンを訪問し、ドゥテルテ大統領と初めて会談する方向で最終調整を進めていて、南シナ海をめぐる問題は当事国が国際法に基づいて、平和的に解決すべきだという日本の立場を伝え、連携して取り組むことを確認したいとしています。

 
 南シナ海をめぐって、フィリピンが申し立てた国際的な仲裁裁判では、南シナ海のほぼ全域に管轄権があるとする中国の主張は国際法に違反するという判断が示されましたが、中国は、受け入れない立場を強く主張しています。

 こうしたなか、岸田外務大臣は、今月10日からフィリピンを訪問して、ヤサイ外相と会談するほか、ドゥテルテ大統領と初めて会談する方向で最終調整を進めています。
岸田大臣は、一連の会談で、南シナ海をめぐる問題は、当事国が国際法に基づいて平和的に解決すべきだという日本の立場を伝え、連携して取り組むことを確認したいとしています。
 また、海上警備能力の向上に向けた両国の協力をめぐっても意見を交わすことにしていて、岸田大臣としては、南シナ海をめぐる問題で、フィリピンと足並みをそろえることで、中国に対し、国際法に従うよう促すねらいがあるものとみられます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース