スポンサーリンク

2016年8月7日日曜日

天皇陛下のお気持ち表明8日午後3時から  去年12月にも一時検討

天皇陛下のお気持ち表明8日午後3時から  去年12月にも一時検討

天皇陛下がお気持ちを8月8日午後3時から表されます。

天皇陛下のお気持ちの表明は去年暮れにも検討された事がわかりました。



天皇陛下のお気持ちがどのようなものなのか、報道通りなのか注目を集めていますが、
政府関係者には天皇陛下が表されたお気持ちを大切に受け取ってほしいと思います。


「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示している天皇陛下が今月8日の午後3時から、お気持ちを表されることになったと宮内庁が発表しましたが、関係者によりますと、天皇陛下のお気持ちの表明は去年暮れにも一時、検討されていたということです。
天皇陛下が「生前退位」の意向を示されたのは5年ほど前のことですが、去年の12月、改めて強い意向を表されました。一時は、同じ月の天皇誕生日を前にした記者会見で、天皇陛下がお気持ちを表明されることも検討されたということです。


NHKニュースより

天皇陛下のお気持ち表明 去年12月にも一時検討


「生前退位」の意向を宮内庁の関係者に示している天皇陛下が今月8日の午後3時から、お気持ちを表されることになったと宮内庁が発表しましたが、関係者によりますと、天皇陛下のお気持ちの表明は去年暮れにも一時、検討されていたということです。

天皇陛下が「生前退位」の意向を示されたのは5年ほど前のことですが、去年の12月、改めて強い意向を表されました。一時は、同じ月の天皇誕生日を前にした記者会見で、天皇陛下がお気持ちを表明されることも検討されたということです。

ただ、この時は議論が始まったばかりで、天皇陛下の象徴としての立場を踏まえながら慎重に検討を続けることになり、年明けから宮内庁などの関係者による勉強会がひそかに始められました。

そして、春ごろから検討が本格化し、6月以降は今の時期の表明を目指して、関係者の間でお気持ちの文案などについて、詰めの協議が続けられていました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース