スポンサーリンク

2016年8月27日土曜日

国産旅客機MRJ 飛行試験に向け米国へ飛び立つも直後に引き返す

国産旅客機MRJ 飛行試験に向け米国へ飛び立つも直後に引き返す

国産旅客機のMRJがアメリカへ向けてテストのために飛び立ちましたが、出発直後に空調機器を再点検する必要が発生したとして引き返しました。




NHKニュースより

MRJ 飛行試験に向け米国へ飛び立つも直後に引き返す

三菱航空機が半世紀ぶりの国産旅客機として開発を進めているMRJは、27日、実用化に向けた本格的な飛行試験にのぞむため、愛知県の空港からアメリカに向けて飛び立ったものの、空調機器を再点検する必要が生じたとして急きょ、引き返す事態となりました。


去年11月に初飛行したMRJは、27日昼前に実用化に向けた本格的な飛行試験にのぞむため、アメリカの西部・ワシントン州の空港に向けて、開発拠点となっている愛知県の県営名古屋空港を飛び立ちました。

MRJはその後、1時間余り飛行しましたが、空調機器を再点検する必要が生じたとして急きょ、県営名古屋空港に引き返しました。

MRJは日本を飛び立った後、飛行試験を行うアメリカ・ワシントン州までのルートとして、北海道やロシアのカムチャツカ半島、それにアメリカのアラスカ州などを経由する予定でした。

今回の事態について、三菱航空機の広報部は、「再点検は時間がかかるため、きょう、再び離陸するのは難しい状況だ。飛行はあす以降になる可能性がある」と話しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース