スポンサーリンク

2016年8月2日火曜日

沖縄米軍嘉手納基地に大型無人偵察機「グローバルホーク」 初飛来 マスコミが詳報

沖縄米軍嘉手納基地に大型無人偵察機「グローバルホーク」 初飛来 マスコミが詳報

沖縄のアメリカ軍嘉手納基地に大型無人偵察機「グローバルホーク」が初めて飛来しましました。

嘉手納基地を巡っては、いわゆる「外来機」の飛来が相次ぎ、周辺の自治体から負担の軽減に逆行すると批判が出ていたことから、今回の飛来により、反発の広がりが予想されます。
軍の基地なので同じ軍の航空機が飛来するのは当然なのですが・・・
沖縄の現地紙ではこの報道と同時に三沢基地所属のF-16戦闘機30機がオーストラリアとマレーシアへ訓練参加のために嘉手納から飛び立った事も報道しています。

ところで、このような軍事情報を報道する意味があるのでしょうか?とても疑問です。
もちろん抑止という意味はありますが、中国でこのような報道を行えばスパイ容疑で拘束されてしまうのはこの報道を行っている報道機関各社は理解しているはずですが・・・
日本は報道の自由がありますね。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160802/k10010617801000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005 より



米軍嘉手納基地に大型無人偵察機 初飛来か

1日、沖縄のアメリカ軍嘉手納基地に、大型無人偵察機「グローバルホーク」が合わせて2機飛来したのが確認されました。防衛省関係者によりますと、嘉手納基地への飛来は初めてとみられるということです。


嘉手納基地に飛来したのは、翼の長さがおよそ40メートルあるアメリカ軍の大型無人偵察機「グローバルホーク」です。
目撃した人によりますと、1日午後6時40分ごろ基地に着陸したということで、NHKが入手した写真でも、機体のそばにアメリカ軍兵士とみられる複数の人が集まっている様子が確認できます。
また、その3時間余りあとにも、別の「グローバルホーク」1機が着陸したということで、防衛省関係者によりますと嘉手納基地への飛来は今回が初めてとみられるということです。
「グローバルホーク」はグアムを拠点に運用されていて、国内ではおととしから青森県の三沢基地に一時的に配備が始まりましたが、東北防衛局によりますと、ことしは配備しない方針をアメリカ軍側が示していたということです。

嘉手納基地を巡っては、いわゆる「外来機」の飛来が相次ぎ、周辺の自治体から負担の軽減に逆行すると批判が出ていたことから、今回の飛来により、反発の広がりが予想されます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース