スポンサーリンク

2016年8月3日水曜日

三菱自動車 嘘がばれる!幹部おぼえていないと証言も証拠見つかる 新入社員の不正指摘を放置 調査委が報告書

三菱自動車 嘘がばれる!幹部おぼえていないと証言も証拠見つかる 新入社員の不正指摘を放置 調査委が報告書

三菱自動車の燃費不正は三菱自動車内部の若手社員が社内で資料を作って社内の発表会で指摘していたのに幹部は無視をしていた事が判明しました。

幹部はこの資料を見た事さえ憶えていないと証言しましたが、調査委員会が入手した資料には発表会のでの告発の内容が残っていたために、三菱幹部の

三菱自動車の燃費不正問題で、2005年に同社の新人の社員が不正行為をやめるよう社内で提言したのに、幹部が放置していたことが分かった。 幹部らは調査委に対し、記憶にないと答えた。しかし、当時の資料も入手した調査委は、「新人社員の指摘というインパクトを考えても、記憶がないという説明は容易に受け入れがたい」と結論づけた。



ヤフーニュースより

三菱自幹部、新入社員の不正指摘を放置 調査委が報告書



三菱自動車の燃費不正問題で、2005年に同社の新人の社員が不正行為をやめるよう社内で提言したのに、幹部が放置していたことが分かった。燃費不正を調べていた特別調査委員会が2日公表の報告書で明らかにした。調査委は、不正に鈍感な体質を示す事例として問題視している。

 調査委は燃費不正を客観的に調べるため三菱自が4月25日に設置、弁護士ら4人で構成する。報告書によると、新人社員は社内の発表会で、国のルールと異なる方法で燃費データを測っており、改めるべきだと提言した。不正行為を続けていた部門の幹部ら20人余りが聞いていたという。

 幹部らは調査委に対し、記憶にないと答えた。しかし、当時の資料も入手した調査委は、「新人社員の指摘というインパクトを考えても、記憶がないという説明は容易に受け入れがたい」と結論づけた。

 11年の社内アンケートでデータ偽装を示唆する複数の回答が寄せられたが、開発部門の「問題なし」という報告を経営陣がうのみにしたことも指摘した。

 三菱自の益子修会長兼社長は2日の記者会見で、新人社員の提言と社内アンケートについて会社側の調査では把握していなかったと説明、「非常に重く受け止めている」と陳謝した。改めて詳細に調べるという。(木村和規)

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース