スポンサーリンク

2016年8月22日月曜日

傷害事件発生!東京サマーランドで若い女性8人けが カミソリのようなもので水着切られる

傷害事件発生!東京サマーランドで若い女性8人けが カミソリのようなもので水着切られる

東京サマーランドで傷害事件が発生しました。

21日午後、東京・あきる野市の遊園地、東京サマーランドのプールで遊んでいた、10代から20代の女性8人が、けがをして病院に搬送されました。警視庁によりますと、いずれも水着を切られ、尻をカミソリのようなもので切られた跡がある女性もいるということで、警視庁は傷害事件として調べています。







NHKニュースより

東京サマーランドで女性8人けが 水着切られる

21日午後、東京・あきる野市の遊園地、東京サマーランドのプールで遊んでいた、10代から20代の女性8人が、けがをして病院に搬送されました。警視庁によりますと、いずれも水着を切られ、尻をカミソリのようなもので切られた跡がある女性もいるということで、警視庁は傷害事件として調べています。


警視庁によりますと、21日午後1時半ごろ、東京・あきる野市にある遊園地、東京サマーランドの警備員から「お客さんがお尻を切られ、出血している人もいる」という内容の通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、「コバルトビーチ」と呼ばれる、大きな波が出るプールで遊んでいた、いずれも23歳の女性2人の尻のあたりに切られたような傷があったということです。
さらに、同じプールで遊んでいた若い女性6人から「切られたような傷がある」という申告があり、病院に運ばれました。
搬送されたのは18歳から24歳までの女性8人で、いずれも水着を切られていてカミソリのようなもので尻を長さ10センチほどにわたり切られた跡がある女性もいたということですが、いずれもけがの程度は軽いということです。
当時、プールは大勢の客で賑わっていて、満員電車のような混み具合だったということです。
警視庁は傷害事件として、刃物のようなものをもっている人物がいないか、遊園地の出入り口で所持品の検査を行ったり、プールに設置された防犯カメラの映像を解析したりするなどして調べています。

東京サマーランド社長「けが人出たこと反省」

今回の事件について東京サマーランドの井上博志社長は、21日午後6時半から園内で会見を開き、「常日頃から安全第一を掲げていたが、8人のけが人が出たことは深く反省している。一刻も早く犯人を見つけ出すため、警察に協力していきたい」と述べました。
そのうえで、警察が現場のプールに設置された複数の防犯カメラの映像を確認しているほか、男性の利用客の手荷物検査を行っていることを明らかにしました。
東京サマーランドは21日の閉園時間を30分短縮するとともに警察の捜査に協力していくとしています。

けが人を目撃した人は

けがをした女性客を目撃したという20代の女性は、「女の人2人が、お尻の下のあたり、右足の付け根の部分を手で押さえていました。1人の女性は、血がたれていて何があったのかと驚きました。あとになって事件のことを知り、もしかしたら私もけがをさせられていたかもしれないと思うと、とても怖いと思いました」と話していました。

現場の様子は

東京サマーランドは東京・あきる野市にある遊園地で、屋内外に大型のプールがあるほか、ジェットコースターなどのアトラクションや宿泊施設が設けられてます。
東京サマーランドによりますと、病院に搬送された女性たちが泳いでいたのは1時間おきに人工の波が起きる屋内プールで、21日は夏休みの家族連れや若者たち、およそ1万人が来園し、混み合っていたということです。

東京サマーランドでは利用者の新たな入園を受け付けないようにしてプール内に刃物などの危険物がないか調べています。
また、警視庁の捜査員が遊園地の出口で利用客の手荷物を検査をして刃物などを持った不審な人物がいないかなど捜査しているということです。

サマーランドを訪れていた客は

東京サマーランドでは、施設の出口付近で、園を出る客に警察官が声をかけ、手荷物検査を行っています。
子どもを連れて遊びに来ていた東京都の40代の男性は「施設の中は消防隊員や警察官がたくさんいて、ものものしい雰囲気だった。何が起きたか知らなかったが、プールで子どもを遊ばせていたので、怖いと思った」と話していました。
また、グループで遊びに来たという20代の男性は「手荷物検査は、警察官が男性客だけに声をかけて行っていました」と話し、同じグループの20代の女性は、「母親から連絡があり、とても驚きました。安全だと思っていたので、どこで何が起こるか分からず、とても怖いです」と話していました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース