スポンサーリンク

2016年8月14日日曜日

日本の尖閣諸島へ中国戦闘機が尖閣接近、5月以降複数回

日本の尖閣諸島へ中国戦闘機が尖閣接近、5月以降複数回

沖縄の尖閣諸島沖に中国の戦闘機が複数回にわたり接近している事が判明しました。

 中国軍の戦闘機が5月下旬以降、沖縄県・尖閣諸島周辺に複数回にわたり接近し、最も近くて領空まで約50キロに迫っていたことが13日、日本政府関係者の話で分かった。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応した。政府は「接近事例が相次ぎ、異例の事態だ」(関係者)と警戒している。中国軍の艦船が6月9日に尖閣周辺の接続水域を初めて航行するなど、海域で活動を拡大しているのと同時に、空域でも活動を活発化させている実態が浮かび上がった。


ロイターより

中国戦闘機が尖閣接近、5月以降


 中国軍の戦闘機が5月下旬以降、沖縄県・尖閣諸島周辺に複数回にわたり接近し、最も近くて領空まで約50キロに迫っていたことが13日、日本政府関係者の話で分かった。航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)して対応した。政府は「接近事例が相次ぎ、異例の事態だ」(関係者)と警戒している。中国軍の艦船が6月9日に尖閣周辺の接続水域を初めて航行するなど、海域で活動を拡大しているのと同時に、空域でも活動を活発化させている実態が浮かび上がった。

 政府関係者によると、5月下旬以降に少なくとも3回、尖閣諸島に接近。防衛省が詳しい分析を進めている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース