スポンサーリンク

2016年8月30日火曜日

シダックス  カラオケボックス全店舗の17%44店を一斉閉店へ

シダックス  カラオケボックス全店舗の17%44店を一斉閉店へ

カラオケで有名なシダックス社がカラオケボックスを大量閉店する事が明らかになりました。
現在閉店する予定なのは全店舗の17%ですが、この閉店数が増加するかどうかは注意深く見守る必要があります。



NHKニュースより
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160830/k10010659921000.html?utm_int=all_side_ranking-social_002

シダックス カラオケボックス44店を一斉閉店へ

カラオケボックスを運営する「シダックス」は、他社との競争などで採算が悪化しているとして、全国の44店舗を31日の営業をもって一斉に閉店することを明らかにしました。


31日の営業で閉店するのは、シダックスが運営する東京・渋谷区の「渋谷シダックスビレッジクラブ」をはじめ、北海道や愛知県、大阪府など全国各地のカラオケボックス44店舗です。

カラオケボックス業界では、各社が大都市を中心に出店を続けているうえ、店舗間の価格競争も激しくなっていて、閉店する店舗は採算が悪化していたということです。

シダックスはカラオケボックス事業の建て直しのため、ことし4月以降、神奈川県や宮城県などの8店舗をすでに閉店していますが、今回は現在ある261店舗のおよそ17%を一気に閉店する大規模なものになります。

シダックスは、カラオケボックス事業などの売り上げの減少の影響で、ことし3月期のグループ全体の通期決算で、最終的な損益が71億円の赤字になっていて、採算の取れない店舗の閉店で建て直しを進めていくことにしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース