スポンサーリンク

2016年7月12日火曜日

南スーダンPKO 他国PKO要員に犠牲者発生 陸自宿営地などに市民数百人避難

南スーダンPKO 他国PKO要員に犠牲者発生 陸自宿営地などに市民数百人避難

自衛隊がPKO派遣されている南スーダンの首都ジュバで戦闘が起き、少なくとも272人以上が死亡しました。

他国のPKO施設が攻撃を受けPKO要因に犠牲が出ています。

PKO施設などが銃撃と砲撃を受け、PKOの中国人要員1人が死亡、中国とルワンダの要員数人が負傷したと伝えた。
戦闘を逃れて市民数百人が自衛隊のPKO施設に保護を求めたそうです。
PKO本部によると、戦闘の影響で数百人の市民が保護を求めて、自衛隊の宿営地があるPKO施設内に避難した。施設内に混乱はみられないという。

南スーダンは非常に緊迫しています。
防衛省HPより

北海道新聞より

中国人PKO要員死亡 陸自宿営地などに数百人避難 南スーダン

【カイロ宇佐美裕次】ロイター通信は10日、自衛隊が国連平和維持活動(PKO)に参加する南スーダンの首都ジュバで、PKO施設などが銃撃と砲撃を受け、PKOの中国人要員1人が死亡、中国とルワンダの要員数人が負傷したと伝えた。


 南スーダンPKOには、陸上自衛隊北部方面隊第7師団(千歳)を主力とする施設隊約350人が派遣され、現在はジュバで道路整備などを行っている。自衛隊幹部によると、部隊に被害は出ていない。

 ジュバでは7、8の両日にキール大統領派とマシャール第1副大統領派の元反政府勢力の戦闘が起き、少なくとも272人が死亡。10日にもPKO本部周辺などで戦闘があった。

 PKO本部によると、戦闘の影響で数百人の市民が保護を求めて、自衛隊の宿営地があるPKO施設内に避難した。施設内に混乱はみられないという。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース