スポンサーリンク

2016年7月2日土曜日

バングラディシュ治安部隊突入により事件収束 20名の遺体が見つかる  日本人1人救出 7人安否不明

バングラディシュ治安部隊突入により事件収束 20名の遺体が見つかる  日本人1人救出 7人安否不明

バングラディッシュで武装グループがレストランを人質をとって占拠していた事件は治安部隊の突入により事態が収束しました

バングラディッシュ人質に日本人の可能性 武装グループの立てこもり事件

日本人1人を含む13人が救出されましたが、20人の遺体が発見されました。

事件が起こった時にレストランには日本人が8人いたそうです。
救出された1人以外の7人は安否が確認できず、最悪の事態も予想されています。
7人の日本人の方、そしてすべての人質になっていた方が無事である事を祈っています。
救出された日本人は、JICA=国際協力機構のプロジェクトに参加している企業の男性で、男性は現地の日本大使館員の聞き取りに対し、「事件発生時には、仕事関係の仲間8人で食事をしていた。事件発生後、その場でそれぞれ別の行動を取って避難をしたので、残りの7人の安否については分からない」と話しているということです。
http://www.hainyou.com/w/toilet/02.html より

NHKニュースより

官房副長官 日本人1人救出 7人安否不明

萩生田官房副長官は、臨時に記者会見し、安倍総理大臣とバングラデシュのハシナ首相が電話で会談し、ハシナ首相から、治安部隊の突入作戦で日本人の男性1人を含む13人を救出し、作戦は終了したという報告があったことを明らかにしました。救出された男性によると、一緒に食事をしていた日本人7人と連絡が取れず、安否が分からないということです。




安倍総理大臣は、バングラデシュの首都ダッカの飲食店で起きた人質事件を受けて、2日午後1時半すぎからおよそ20分間、総理大臣官邸で、バングラデシュのハシナ首相と電話で会談しました。


このあと萩生田官房副長官は臨時に記者会見し、「ハシナ首相から、『オペレーションが終了した。被害者の全体像は現在確認中であるが、13人を救出し、そのうち3人が外国人であり、日本人1人が含まれている。その日本人1人は、現在、他の負傷者とともに病院で治療を受けている』と説明があった」と述べました。

そのうえで萩生田副長官は、「ハシナ首相からは、『人命最優先に最大限の努力をしたが、残念ながら犠牲者が生じている。バングラデシュに在住する邦人などの安全確保に引き続き万全を期す』という発言があった」と述べました。また萩生田副長官は、「会談直後に現地の大使館から連絡が入り、先ほど大使館員が直接被害に遭われた日本人の方と病院で面会した。本人は負傷しているが、命に別状はないということだ」と述べました。

救出された日本人は、JICA=国際協力機構のプロジェクトに参加している企業の男性で、男性は現地の日本大使館員の聞き取りに対し、「事件発生時には、仕事関係の仲間8人で食事をしていた。事件発生後、その場でそれぞれ別の行動を取って避難をしたので、残りの7人の安否については分からない」と話しているということです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース