スポンサーリンク

2016年7月3日日曜日

中国習近平総書記氏、演説で「中国の国際的地位にふさわしい強大な軍隊建設」表明…台湾けん制も 続く国防費の異常な伸び

中国習近平総書記氏、演説で「中国の国際的地位にふさわしい強大な軍隊建設」表明…台湾けん制も 続く国防費の異常な伸び

中国の習近平総書記が7月1日に党創設95年大会で強大な軍隊を建設すると表明しました。
中国共産党の習近平シージンピン総書記(国家主席)は1日、党創設95年大会の演説で、軍事力強化に言及し、「国際的地位にふさわしく、国家の安全・発展の利益に合致する強固な国防、強大な軍隊を建設する」と表明した。
中国の軍事は異常な伸びをしていますが、今後も軍事強国化をすすめるようです


中国国防費の推移
http://c18h27no3.exblog.jp/22880230/ より

政治と経済の連絡・交流窓口を正式に閉じた台湾について「独立に断固反対し、いかなる形の国家分裂活動にも13億人以上の中国人民は黙っていない」と警告。
また、台湾に対して警告を行っています。 


YOMIURI ONLINEより

習氏、演説で「強大な軍隊建設」…台湾けん制も

【北京=竹腰雅彦】中国共産党の習近平シージンピン総書記(国家主席)は1日、党創設95年大会の演説で、軍事力強化に言及し、「国際的地位にふさわしく、国家の安全・発展の利益に合致する強固な国防、強大な軍隊を建設する」と表明した。




 習氏は「世界最大の発展途上国をわずか三十数年で世界第2位の経済大国にし、驚天動地の発展の奇跡を造った」と党の功績を自賛。厳格な綱紀粛正など国民の負託に応えられなければ、「早晩、執政党の資格を失い、歴史的に淘汰とうたされる」と危機感も示した。その上で「直面する最大の脅威は腐敗(汚職)だ」と「反腐敗闘争」の継続を求めた。

 また、政治と経済の連絡・交流窓口を正式に閉じた台湾について「独立に断固反対し、いかなる形の国家分裂活動にも13億人以上の中国人民は黙っていない」と警告。


0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース