スポンサーリンク

2016年7月25日月曜日

東京都知事選 鳥越俊太郎氏が伊豆大島で街頭演説「皆さんの声で人口減の解決策見つけたい」

東京都知事選 鳥越俊太郎氏が伊豆大島で街頭演説「皆さんの声で人口減の解決策見つけたい」

都知事選に立候補している鳥越候補が伊豆大島を訪れて演説を行いました。



ヤフーニュースより

東京都知事選 鳥越俊太郎氏が伊豆大島で街頭演説「皆さんの声で人口減の解決策見つけたい」

産経新聞7月25日(月)13時8分配信

東京都知事選(31日投開票)で、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=は25日午前、伊豆大島(大島町)を訪れ、元町港で街頭演説を行った。鳥越氏は「人口が減っているのが島の現実。これから大島をどうするのか、解決策を皆さまの声を聞いて見つけたい」と訴えた。


 元町港には鳥越氏が乗る船の到着前から、陣営のキャッチフレーズ「みんなに都政を取り戻す」との青いプラカードを持った住民が待ち構え、応援弁士の松原仁・民進党都連会長とともに鳥越氏が船から姿を現すと「がんばれー、鳥越」と歓声が上がった。

 その後、港の前にあるロータリーでマイクを握った鳥越氏は「いろいろな面で(区部などと)格差がある島嶼部のうち、とりあえずは大島に来たいと思っていた」と述べ、「大島は恵まれた観光立地にある。おいしい空気に、さんさんと輝く太陽があり、都民の宝だ。島民とともに将来を考えていきたい」と呼びかけた。

 同日午後には、平成25年10月に同島で39人の死者と行方不明者を出した土砂災害の被災地を訪れる予定。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース