スポンサーリンク

2016年7月13日水曜日

東京新聞に悲劇!参院選「自民単独過半数ならず!」報道した1日後、 自民党単独過半数達成!!

東京新聞に悲劇!参院選「自民単独過半数ならず!」報道した1日後、 自民党単独過半数達成!!

参議院選挙の結果の報道で東京新聞は自民党が単独過半数に届かなかった事を喜ぶ報道を7/12日朝刊で行いました。
「改憲4党2/3」「自民単独過半数」 1議席足らず幻に

↓ なんと1日後の東京新聞にとって衝撃的なニュースが!!

7/13日 参議院無所属の 平野議員が自民党に合流!これにより自民党が単独過半数へ
参議院 無所属元民主党の平野達男氏が自民党に入党届 参院単独過半数に


東京新聞にとって悪夢の1日となってしまったようです。




東京新聞より

「改憲4党2/3」「自民単独過半数」 1議席足らず幻に

自民、公明、おおさか維新、日本のこころの「改憲四党」が、無所属・諸派を含めなくても参院の三分の二議席に達するか。自民党が二十七年ぶりに参院の単独過半数を回復するか。いずれも、十一日の明け方に最後の一議席の行方が判明した瞬間に幻となった。


 十日夜に始まった開票では、日付が変わった後、改憲四党に改憲賛成の無所属・諸派議員を加えた「改憲勢力」が三分の二を確保。自民は推薦した無所属の中西健治氏(神奈川選挙区)の追加公認も発表した。
 開票が進み、残すは比例の二議席のみとなった時点で「中西氏を自民議席に数えると、改憲四党があと一議席で発議要件を満たす」状況に。同時に自民党は、一九八九年参院選で失った参院の単独過半数の回復まで一議席に迫った。
 しかし、二議席はそれぞれ民進党、生活の党が獲得することが順に決まった。全議席が確定した時は、空もすっかり明るくなっていた。 

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿

東南アジアのニュース