スポンサーリンク

2016年7月20日水曜日

フィリピン大統領「中国と交渉しない」=南シナ海領有権、譲歩せず

フィリピン大統領「中国と交渉しない」=南シナ海領有権、譲歩せず

フィリピンのドゥテルテ大統領はアメリカ連邦議会代表団と会談し、
南シナ海の領有権問題で中国と個別の交渉をする計画がないと明らかにしました。

会談に参加したクリス・マーフィー米上院議員のツイッターによると、会談でドゥテルテ大統領は南シナ海問題で中国と交渉する計画はないことを表明。また南シナ海の主権に関しては中国と取引せず、フィリピンの全面勝訴に終わった仲裁判決について「交渉の余地はない」と指摘した。
 ドゥテルテ大統領はこれまで領有権問題では妥協しない方針を示す一方で、「中国と戦争しない」と述べるなど、中国を刺激しない姿勢を示していた。ただ中国は2国間対話には仲裁判決の棚上げが必要との考えを繰り返し強調。有利な判決を得たフィリピンとしては中国の姿勢は受け入れられないと判断したもようだ。早期の交渉入りは難しい情勢になった。 
当然の対応ですが、日本のマスコミはこれでもドゥテルテ大統領を親中派と報道するのでしょうか?気になります。
http://www.asahi.com/articles/ASJ5B5G19J5BUHBI01W.html より


ヤフーニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00000169-jij-asia

比大統領「中国と交渉しない」=南シナ海領有権、譲歩せず

時事通信 7月19日(火)22時37分配信

【マニラ時事】フィリピンのドゥテルテ大統領は19日、米議会代表団とマニラで会談し、南シナ海の領有権問題で中国と交渉する計画はないと明らかにした。



 大統領は、南シナ海問題をめぐる12日の仲裁裁判所の判決を受け、領有権問題で特使を派遣するなどして中国との対話解決を模索したが、改めて譲歩しない強気の姿勢を示した形だ。

 会談に参加したクリス・マーフィー米上院議員のツイッターによると、会談でドゥテルテ大統領は南シナ海問題で中国と交渉する計画はないことを表明。また南シナ海の主権に関しては中国と取引せず、フィリピンの全面勝訴に終わった仲裁判決について「交渉の余地はない」と指摘した。

 ドゥテルテ大統領はこれまで領有権問題では妥協しない方針を示す一方で、「中国と戦争しない」と述べるなど、中国を刺激しない姿勢を示していた。ただ中国は2国間対話には仲裁判決の棚上げが必要との考えを繰り返し強調。有利な判決を得たフィリピンとしては中国の姿勢は受け入れられないと判断したもようだ。早期の交渉入りは難しい情勢になった。 

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース