スポンサーリンク

2016年7月14日木曜日

中東 イラン軍艦艇 米中央軍司令官乗るドッグ型揚陸艦に接近 ホルムズ海峡

中東 イラン軍艦艇 米中央軍司令官乗るドッグ型揚陸艦に接近 ホルムズ海峡

イラン軍艦艇がアメリカ中央軍司令官が乗艦しているドッグ型揚陸艦「ニューオーリンズ」に2度にわたって接近する行動を示しました。

同省当局者によると、今回の遭遇は11日に同海峡の南進用の海路で発生。革命防衛隊艦船は約500ヤード(約457メートル)内にまで接近したという。ただ、双方の艦船同士の間で少なくとも1度は交信があったとしている。
ニューオーリンズに2度にわたって近づいた革命防衛隊海軍艦船の種類は、フートン級哨戒艇1隻とより小型の艦船4隻。
中央軍のジョセフ・ボーテル司令官(陸軍大将)の乗船を知った上での意図的な接近であることを示す形跡はないとしている。ペルシャ湾でのイラン軍艦船による米海軍艦船の追尾はたびたび起きており、ニューオーリンズの安全航行が脅かされる事態とはならなかったとしている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ニューオーリンズ_(ドック型輸送揚陸艦)#/media/File:US_Navy_070929-N-1328S-407_An_F-A-18C_Hornet,_F-A-18F_Super_Hornet_and_E-2C_Hawkeye_fly_over_the_San_Antonio-class_amphibious_transport_dock_USS_New_Orleans_(LPD_18)_during_the_city%5Ersquo,s_Sea_and_Air_Parade.jpg より


CNN.co.jpより

イラン軍艦艇、米中央軍司令官乗る艦船に接近 ホルムズ海峡

(CNN)米国防総省当局者は14日までに、ホルムズ海峡で中東を管轄する米中央軍司令官が乗船した艦船「ニューオーリンズ」にイラン革命防衛隊の海軍艦船が2度にわたって接近する行動を示したと報告した。


中央軍のジョセフ・ボーテル司令官(陸軍大将)の乗船を知った上での意図的な接近であることを示す形跡はないとしている。ペルシャ湾でのイラン軍艦船による米海軍艦船の追尾はたびたび起きており、ニューオーリンズの安全航行が脅かされる事態とはならなかったとしている。

同省当局者によると、今回の遭遇は11日に同海峡の南進用の海路で発生。革命防衛隊艦船は約500ヤード(約457メートル)内にまで接近したという。ただ、双方の艦船同士の間で少なくとも1度は交信があったとしている。
ニューオーリンズに2度にわたって近づいた革命防衛隊海軍艦船の種類は、フートン級哨戒艇1隻とより小型の艦船4隻。

ロイター通信によると、ボーテル司令官はニューオーリンズ上で記者団にイラン軍艦船との遭遇について触れ、誤算が原因の事態に発展しかねない大きな可能性があると指摘。米軍は今回のような事態に対処出来る十分な時間を常に与えられているわけではないとも述べた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース