スポンサーリンク

2016年7月5日火曜日

中国軍機による自衛隊機撃墜危機ドッグファイト 日本政府萩生田副長官「日本側から挑発一切ない」中国側に厳重反論

中国軍機による自衛隊機撃墜危機ドッグファイト 日本政府萩生田副長官「日本側から挑発一切ない」中国側に厳重反論

中国が6月17日に発生した中国軍機と自衛隊機のドッグファイトを日本側の責任と発言していることに対して日本政府の萩生田光一官房副長官は5日午前の記者会見でコメントを発表しました。

東シナ海上空で中国軍機が航空自衛隊機に前例のない攻撃動作を仕掛けたことをめぐり、中国国防省が空自機が中国軍機を挑発したとする声明を発表したことについて、「中国軍用機に対して挑発的な行為をとった事実は一切ない」と反論した。
 萩生田氏は、中国側が6月17日に中国軍機に空自のF15戦闘機がレーダーを照射したと主張していることに対し、「一連の対応は国際法および自衛隊法に基づく厳格な手続きに従って行った。日本側からレーダーを使用してロックオンをした事実もない」と説明した。

中国が日本空自機とのドッグファイト発生を認める 「レーダー照射」=「挑発行動」と非難-中国国防省

中国空軍戦闘機が航空自衛隊戦闘機に攻撃動作 撃墜の1歩手前に・・ 中国の脅威が強まり、開戦の危機だった

中国側が空自機がミサイルなどを撹(かく)乱(らん)する「フレア」を噴射して逃げたとしていることには、「一般的に直接的な脅威の有無にかかわらず予防的に使用する場合もある。使用したか、しないかは事実関係を把握していない」と述べるにとどめた。
日本政府は言葉を濁していますが、だいぶ緊迫した状況だったようです。
防衛機密上詳細なデータは公開できないのでしょうが、今後も続くであろうこういった戦争一歩手前の挑発行為に対抗するために十分な対策をとってほしいものですね。

http://www.mod.go.jp/asdf/tsuiki/gallery/ より

産経ニュースより

萩生田光一副長官「日本側から挑発一切ない」 中国側に反論

萩生田光一官房副長官は5日午前の記者会見で、東シナ海上空で中国軍機が航空自衛隊機に前例のない攻撃動作を仕掛けたことをめぐり、中国国防省が空自機が中国軍機を挑発したとする声明を発表したことについて、「中国軍用機に対して挑発的な行為をとった事実は一切ない」と反論した。


 萩生田氏は、中国側が6月17日に中国軍機に空自のF15戦闘機がレーダーを照射したと主張していることに対し、「一連の対応は国際法および自衛隊法に基づく厳格な手続きに従って行った。日本側からレーダーを使用してロックオンをした事実もない」と説明した。

 また、中国側が空自機がミサイルなどを撹(かく)乱(らん)する「フレア」を噴射して逃げたとしていることには、「一般的に直接的な脅威の有無にかかわらず予防的に使用する場合もある。使用したか、しないかは事実関係を把握していない」と述べるにとどめた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

東南アジアのニュース